2020年01月24日

心不全発症後の死因の変遷

心不全発症後の死因の変遷
 
Temporal Trends and Patterns in
Mortality After Incident Heart Failure



20124.PNG



 心不全に対する治療の進歩のお蔭でしょうか、新規に発症した心不全の1年後の死亡は減少傾向
です。
しかし、心血管疾患の減少とは裏腹に、その他の疾患による死亡が増加傾向です。
2002年から2013年にかけて、新規心不全発症の1年後の研究が雑誌JAMAに掲載されています。


1) 登録者は86,833人で、平均年齢は76.6歳です。
   2002年と比較しますと、2013年は死亡率が0.94と減少
   特に心血管疾患の死亡率は0.73でしたが、その他の死亡率(non-cardiac)は1.22と増加して
   相殺されています。
   80歳より若い人は死亡率が減少していますが、80歳以上では他の疾患の増加により、死亡率の
   好転は極めて軽度でした。
    (詳細は下記のPDFの図とグラフをご参照ください。)

2) 論評では次のように記載しています。
   心不全の進展は抑制されているが、特に80歳以上の高齢者の場合は包括的に(holistic)
   捉えなくてはいけないとしています。






私見)
 心不全の患者さんに対しては息苦しさ主体に診察してしまいますし、原因を心不全に結びつける
 傾向です。
 診察はholisticが基本の様です。






JAMA論文より.pdf

jamacardiology_conrad_2019_oi_190061.pdf













posted by 斎賀一 at 19:03| Comment(0) | 循環器
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: