2020年01月22日

SGLT2阻害薬(糖尿病治療薬)は痛風にも有効

SGLT2阻害薬(糖尿病治療薬)は痛風にも有効
      <短 報>
 
Assessing the Risk for Gout With Sodium–Glucose
Cotransporter-2 Inhibitors in Patients With Type 2 Diabetes




 U型糖尿病患者は、高尿酸血症を伴う事が多いとの事です。
糖尿病治療薬のSGLT2阻害薬は腎蔵での糖の吸収を阻害しますが、以前より血中尿酸の低下作用も
報告されています。

 今回の論文はSGLT2阻害薬が実際に痛風発作も抑制するかを研究しています。


1) 比較として、GLP1作動薬を使用しています。
   対象者はU型糖尿病患者で、治療薬として新たにSGLT2阻害薬か、GLP1作動薬を使用した患者
   295,907人です。
   SGLT2群とGLP1群を一対一に振り分けています。 (其々が111,419人)
   平均年齢は54歳で、52%が女性
   経過観察は260~300日間(平均で177日間)です。



         20122.PNG



   
2) 結果
   痛風発作はSGLT群で4.9例/1000人/年、GLP群で7.8例/1000人/年でした。
   SGLT群の危険率は0.64です。



         20122-2.PNG

   
   心不全の危険率も0.63と、SGLT群が優位です。
   また、懸念されている皮膚感染症(蜂窩織炎)の危険率は、1.05と同等でした。
   SGLT2阻害薬は、痛風のリスクのあるU型糖尿病患者には有効な選択薬となります。








1 Assessing the Risk for Gout With SGLT2 Inhibitors in Patients With Diabetes .pdf

2 糖尿病治療薬.pdf










posted by 斎賀一 at 20:04| Comment(1) | 糖尿病
この記事へのコメント
先生が2回も良かったね‼と言って下さったと、父がとても喜んでました〜o(^o^)o

ありがとうございましたm(_ _)m
私なんて、聞いても「ふぅ〜ん、へぇ〜あっそ(-_-)」みたいなそっけないもんで―わら
Posted by at 2020年01月24日 01:06
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: