2020年01月20日

新型コロナウイルス肺炎への対応指針

新型コロナウイルス肺炎への対応指針
       業務連絡用




 中国の武漢以外でも新型コロナウイルス肺炎が発生しています。
また、武漢でも発表以上の患者が発生している可能性もあり、予断を許さない状態です。
日本でも万全の体制が必要となっています。
 国立感染研究所より、医療機関の対応指針が発表になりましたので掲載します。

本院でモディファイした対応の流れを記載します。


1) 37.5℃以上の発熱が3日以内にあり、呼吸器症状を伴う。

2) 発症から2週間以内に中国から渡航した人。

3) かつ の人はサージカルマスクを着用し、感染症室で診察
   スタッフはN95を着用する。

4) 先ずインフルエンザ迅速検査を実施

5) インフルエンザ迅速検査が陰性の場合は保健所に連絡する。






私見)
 スタッフの皆さん、受付で中国から渡航された方は事前に申し出るよう、お願いしてください。









新型肺炎 厚労省.pdf







posted by 斎賀一 at 18:06| Comment(0) | 感染症・衛生
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: