2019年12月14日

抗インフルエンザ薬の使い分け

抗インフルエンザ薬の使い分け
        <業務連絡用>



1214.PNG
  


        
 今シーズンは、インフルエンザ治療薬が多種類上市されておりメリットも多い反面、使い方に思案して
しまいます。


基本的にはタミフル
 安定した血中濃度が期待され、又10代の使用制限が2018年に削除されたため、現在では新生児から
 高齢者まで使用出来ます。

イナビル吸入剤は
 長時間にわたり気管や肺に停留して抗ウイルス効果を発揮するため、一回投与で完結します。
 一昨年からは予防投与も認可されています。
 又、本年度からコンプレッサーを用いた乳幼児向けの製剤も上市されました。

ゾフルーザは
 高率にウイルスのアミノ酸変異を生じる事により懸念されていますが、その影響に対しては未だ明らか
 ではありません。しかし抗ウイルス作用に優れ、早期より周囲への感染性を低下させる事も期待されて
 います。
 他のノイラミニダーゼ阻害薬との併用に関しては期待されますが、十分なエビデンスは未だありません。 

  (と言う事は、もしかして?)




         1214-2.PNG



   

◆参考文献
 抗インフルエンザ薬の使い分け  ; 浦上宗治  Medical Practice v.36 n.12. 2019






私見)
 最近、車の番組である著名人が言っていました。
 「初代のマツダロードスターに比べたら、今度のはしっくりいかないんですよ。初代を越していないと
 思いますね。」
 しかし、ちょっと思ったんです。この新型ロードスターにどれだけの開発努力を関係者はしたんだろう
 かと。
 世界の田崎が言っています。「このワインは高級だが、あちらはだめだと言う人は、人に対してもそう
 いった見方をするんじゃないかと思うんですよ。」

 事は人の健康に影響する薬です。厳格な専門家の評価が必要です。しかし専門家と言えども軽々に
 評価を下すべきではないと思います。
 抗インフルエンザ薬にはそれなりの特徴があります。日経メディカル総説の河合直樹氏のレポートは
 参考になります。下記のPDFで掲載します。職員の皆さん、シーズン到来で勉強しましょう。
 (本ブログの写真のロードスターに免許返納の前に購入して、九十九里海岸を一人でゆったりと走りたい
 です。本当はその気になれば、もっとぶっ飛ばせるんだぞと思いながら...。)







小児 インフ 治療薬.pdf

イナビル.pdf









posted by 斎賀一 at 16:11| Comment(0) | インフルエンザ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: