2019年11月15日

原因不明の胃潰瘍

原因不明の胃潰瘍
 
Clinical features and natural history of idiopathic peptic ulcers:
 a retrospective case–control study



1115.PNG



 胃潰瘍の原因はピロリ菌と鎮痛解熱剤(NSAIDs)が主体ですが、最近ではピロリ菌の治療効果と
感染の低下により、ピロリ菌関連の胃潰瘍は減少傾向と言われています。

 今回イタリアから、原因不明の消化性潰瘍(IPUD;idiopathic peptic ulcer disease)についての
論文が発表されました。


纏めますと

1) 2002~2018年にかけて、内視鏡検査を受けた9,212人を対象に検討しています。
   ピロリ菌、NSAIDs、稀な疾患を除外した原因不明の消化性潰瘍;IPUDと定義しています。
   潰瘍のあった380人の内95人がIPUDでした。
   IPUD群と潰瘍のないコントロール群を比較しています。

2) 危険因子としては
   年齢の危険率は3.520、男性は3.126、入院している場合は2.968、
   薬剤の多剤併用の場合は2.808でした。

3) 治療としては潰瘍治療薬のPPIが有効で、40~60日間服用で治癒は97.6%でした。






私見)
 論評では原因不明と言っても、その原因を追究する事が重要としています。
 しかし、現段階では高齢者の薬剤の多剤併用は、胃にとって何らかの負担かもしれません。
 取りあえず、UPTODATEより一般的でない潰瘍の原因を調べました。(unusual peptic ulcer)
下記にPDF化しました。







1 Clinical features and natural history of idiopathic peptic ulcers_ a retrosp.pdf

uptodate unusual-causes-of-peptic-ulce.pdf














posted by 斎賀一 at 21:01| Comment(0) | 消化器・PPI
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: