2019年10月29日

インフルエンザ治療薬・ゾフルーザの逆襲

インフルエンザ治療薬・ゾフルーザの逆襲
 
Genentech Announces FDA Approval of Xofluza
 (Baloxavir Marboxil) for People at High Risk of
Developing Influenza-Related Complications



1029.PNG

 

 ゾフルーザは塩野義製薬が創製し、開発してきました。
本薬の開発および販売は、現在、Rocheグループ(米国Genentech社を含む)との提携下で進めて
おり、日本と台湾における本薬の販売は塩野義製薬が、それ以外の国における本薬の販売はRoche
グループが行います。この米国Genentech社のPhase III CAPSTONE-2 studyの発表を受けて、
米国FDAが内容を承認したとの報道がありました。



使用に関する承認内容は
 ・合併のない急性インフルエンザ
 ・12歳以上
 ・症状が出現して48時間以内
 ・基礎疾患であるため、インフルエンザがハイリスクになる人
  CDCのハイリスクは喘息、慢性肺疾患、糖尿病、心疾患、肥満、65歳以上です。
 
ゾフルーザの副作用の内容報告は
 ・下痢が3% 細気管支炎3% 嘔気2% 副鼻腔炎2% 頭痛1%

効果は
 ・ハイリスク患者でプラセボーとの有症状期間の比較では、ゾフルーザが73時間に対して
  プラセボーは102時間
 ・有症状期間をタミフルと比較しますと、ゾフルーザが73時間で、タミフルが81時間と差はありません。
 ・B型インフルエンザでは、ゾフルーザが75時間に対して、プラセーボは101時間と有効でした。

不明確な点として
 ・12歳以下と体重が40kg以下の場合、安全性と効果は現在確立されていません。
 ・妊娠と胎児への影響は不明
 ・授乳の安全性は不明
 ・併用薬、サプリ、漢方薬との相互作用は不明

服用に関して
 ・食事の影響は無いので食前、食後に関係なく服用は可
 ・乳製品、カルシウム剤、下剤、制酸剤(潰瘍治療薬)、鉄剤、亜鉛、セレン及びカルシウムや
  マグネシウムを含むサプリとの併用は避ける。





 
私見)
 ゾフルーザの立ち位置が見えてきた感じです。
  ・12歳以上の人で、服用が1回で済むことを望む人
  ・基礎疾患のあるハイリスクの人
  ・65歳以上の人
  ・出来たら体重は40kg以上ある人


 小児に関してはタミフルが基本ですが、イナビルの懸濁吸入も上市されており、今後は職員と使用方法
 を検討します。
  (院内ではgood ideaとの評判です。)






インフ m.pdf









posted by 斎賀一 at 19:43| Comment(2) | インフルエンザ
この記事へのコメント
インフルエンザの予防接種ですが、今年はかなり腫れました―痛くはないけど痒いかったです(^_^;)

でも、腫れなかったときは

Posted by at 2019年10月30日 01:41
すみません、また途中送信してしまいました(>.<)

関係ないかも、知れませんが...
腫れなかった時は、インフルエンザにかかったので、先生のパンパンに腫れてたのでよく効いてるのでしょうか?
Posted by at 2019年10月30日 01:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: