2019年10月16日

副甲状腺機能亢進症の診断

副甲状腺機能亢進症の診断
          <業務連絡用>



本院における副甲状腺機能亢進症のストラテジーを纏めてみました。
1) スクリーニングにて、電解質の項目にカルシウムを追加する。
   血清アルブミンが低値の場合は、下記の補正式を用いる。

   血清補正Ca=実測Ca+[4−アルブミン]

  例えばAlb;3.3g/dl Ca;9.8mg/dlでは
    9.8+(4−3.3)=10.5mg/dlとなる。


2) 副甲状腺機能亢進症を疑っている場合やカルシウムが高値の場合は
   副甲状腺ホルモンを測定

   intact PTH ; 従来の測定方法
   whole PTH ; 最近の方法で、本院もこれが主体となります。
     ※下記のPDF参照

3) 家族性低Ca尿性高Ca血症(FHH)を鑑別する。
   副甲状腺機能亢進症の40%が高Ca血症で、残りの60%は正常
   24時間蓄尿において、下記の式でCa/Cr clearance ratioを求める。

   Ca/Cr clearance ratio = [24-hour urine Ca x serum Cr] ÷ [serum Ca x 24-hour
    urine Cr]

   結果は0.01以下でFHHの可能性、0.02以上でFHHは否定的
   0.01~0.02は鑑別を要する。

   uptodateによりますと、随時尿(spot尿)でのCa/Cr比でも診断価値があるとの事です。
   本院ではこれを採用します。 (場合により午前、午後の2回法)

4) 高カルシウム血症でintact PTHが正常なら、副甲状腺ホルモン関連蛋白を測定する。(PTHrP)




◆参考書籍など

 1 ; 今日の臨床サポート
 2 ; uptodate
 3 ; 内分泌疾患 日本医事新報







私見)
 下記のPDFに文献から抜粋しておきましたので、職員の皆さん検討してください。
 ラグビーの盛り上がりにあやかって、元全日本監督の大西鐡之祐氏の言葉より

   「絶対の戦略は存在しない。しかし戦略を信じない者は愚かだ。」






1 副甲状腺の文献.pdf

2 今日の臨床サポート.pdf

3 副甲状腺 uptodateより.pdf

4 カルシウム.pdf

5 電解質.pdf

6 検査センター.pdf













  
posted by 斎賀一 at 19:57| Comment(0) | 甲状腺・副甲状腺
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: