2019年10月15日

副甲状腺機能亢進症と腎結石・骨粗鬆症の関係

副甲状腺機能亢進症と腎結石・骨粗鬆症の関係
 
Predictors of Nephrolithiasis, Osteoporosis,
and Mortality in Primary Hyperparathyroidism



1015.PNG




 尿管結石、腎結石、骨粗鬆症の患者さんの場合に一度は副甲状腺機能亢進症を疑うのは定説ですが、どの程度それらの疾患が副甲状腺機能亢進症の予測因子となるかは不明です。
それに関する論文が掲載されていますので、ブログにしました。


纏めてみますと

1) 英国では、副甲状腺機能亢進症の発生は年間で0.86%です。
   副甲状腺機能亢進症は腎結石や骨粗鬆症のリスク因子でもあり、心血管疾患との関連性も指摘
   されています。
   2006~2014年の間で、新たに診断された611例の副甲状腺機能亢進症患者を対象に研究して
   います。
   診断は血清カルシウムとPTH(副甲状腺ホルモン)によります。
   intact PTHを主に採用しています。最近ではルーチンで、血清カルシウムを測定するために無症状
   の副甲状腺機能亢進症が診断されるようになっています。しかしその診断的ストラテジーは確立され
   ていません。

2) 副甲状腺機能亢進症患者の13.9%が腎結石で、その多くが以前から腎結石を指摘されていました。
   スクリーニングで見つかった無症状の腎結石はたったの4.7%で、その率は一般人と同じでした。
   骨粗鬆症は48.4%に認められましたが、高齢者、低体重、低クレアチニンが骨粗鬆症の独立因子と
   して認められ、副甲状腺機能亢進症の明白な予測因子としては低い様です。
   カルシウム高値が死亡率に関係しますが、直接的に副甲状腺機能亢進症と死亡率とは関連性が
   認められないとの事です。
   結局、骨粗鬆症と腎結石は、副甲状腺機能亢進症の予測因子には成りにくいとの結論です。






私見)
 副甲状腺機能亢進症を診断するために、腎結石と骨粗鬆症との関連性から進めるのは確率的に低い
 様です。 詳しい内容は下記のPDFの表ご参照ください。
 実地医家の場合、診断することがある意味で信念です。
  (私は開業以来「早老症」を3例見つけています。  何故って ...。)
 今回、副甲状腺機能亢進症の診断について再勉強しましたので、次回のブログで職員の皆さんと検討
 しましょう。







副甲状腺 本論文.pdf










posted by 斎賀一 at 20:53| Comment(0) | 甲状腺・副甲状腺
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: