2019年09月25日

積極的降圧治療と脳の白質病変の関係

積極的降圧治療と脳の白質病変の関係
 
Association of Intensive vs Standard Blood Pressure
Control With Cerebral White Matter Lesions



0925-2.PNG




 降圧目標を140以下にする標準的治療と120以下とする積極的治療に関して、大脳の白質病変
を主体に研究した論文が掲載されています。
白質病変は色々な疾患でも起きますが、脳梗塞の予備病変としても重要です。


アブストラクトより纏めますと

1) 糖尿病と脳卒中の既往の無い50歳以上の人を対象に82,010人を抽出しています。
   MRIを実施した670名を登録して、4年間の経過観察をしています。
   2016年まで調査出来た人は449人でした。
   標準的治療群が315人で、積極的治療群が355人に振り分けて研究しています。

2) 主要転帰はベースラインからの白質病変の変化です。
   二次転帰は大脳の容量の変化です。

3) 登録した670人の平均年齢は67.3歳です。
   完全に経過観察できた449人の平均経過観察期間は3.40年です。

   結果として
   ・ベースラインからの白質病変の増加は積極的治療群が4.57~5.49㎤
    標準的治療群では4.40~5.85㎤
    両群の差は0.54㎤で積極的治療群が優位
   ・全大脳の容量減少は積極的治療群が1134.5~1104.0㎤
    標準的治療群では1134.0~1107.1㎤です。
    両群の差は3.7㎤で、積極的治療群が優位

4) 論評では、糖尿病患者と脳卒中既往歴の場合の結果が待たれるとしています。






私見)
 日本では両群で差が無いとしていますが、概ね積極的治療が推奨されるようです。
 本院もほどほどに積極的に診療してまいります。







1本論文.pdf

2 積極的降圧療法は脳卒中再発を抑制|医療ニュース|Medical Tribune.pdf

3 白質とは.pdf

4 白質病変とは.pdf













  
posted by 斎賀一 at 18:59| Comment(0) | 脳・神経・精神・睡眠障害
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: