2019年09月16日

過敏性腸症候群にペパーミントは効果なし?

過敏性腸症候群にペパーミントは効果なし?

Efficacy and Safety of Peppermint Oil in a Randomized
Double-blind Trial of Patients With Irritable Bowel Syndrome



0916.PNG



以前の私のブログで紹介しましたが(ペパーミントで検索)、ガイドラインでも推奨していますように
ペパーミントが過敏性腸症候群に有効との事で、本院でもティーバックをお勧めしています。
残念ながら今回無効との報告がgastroenterologyに掲載されています。


纏めてみますと、


 1) ROMEクライテリアに適合した190人の過敏性腸症候群患者を登録し、その中の178人が研究に
    採用されています。平均年齢は、34歳78%が女性です。
    小腸で放出する型のペパーミントオイル(小腸型)、回腸から大腸で放出する型のペパーミント
    (大腸型)、プラシーボのコントロールの3群にわけて8週間投与されました。
    観察期間は、2016~2018年です。

 2) 主要転帰は、少なくとも4週間のベースラインと比較して、毎日の腹痛が週単位で30%以上低下
    したかを判定しています。

 3) 結果は、腹痛の軽減の効果は小腸型が46.8%、大腸型は41.3%、コントロール群は34.4%で
    差は余りありません。
    全ての症状軽減は、小腸型が9.7%、大腸型が1.6%、コントロール群が4.7%
    2次解析では、小腸型はコントロール群と比較してやや有効の様です。

 4) ペパーミントの副作用は逆流性食道炎、ゲップでした。




私見)
 コメントとしては、効果が認められている人には引き続き小腸型は服用するのがよいとしています。
 つまり、本院でも1〜2か月の経過観察で効果を判断しようと思います。



Efficacy and Safety of Peppermint Oil in a Randomized Double-blind Trial of .pdf









posted by 斎賀一 at 18:16| Comment(0) | 消化器・PPI
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: