2019年08月31日

少量アスピリンは手術の前に中止すべきか

少量アスピリンは手術の前に中止すべきか
 
Should we stop aspirin before noncardiac surgery?


 
0831.PNG



 抗血小板薬の少量アスピリンは血栓性疾患(冠動脈疾患、脳梗塞)の二次予防に有効な薬剤ですが、手術の際には休薬による血栓性疾患の再発と、継続服用による出血のリスクとを勘案しなくてはなりま
せん。

 今回雑誌のCLEVELAND CLINIC JOURNAL OF MEDICINEに総説が載っていましたが、的確な
図表が掲載されていますので、ブログして本院も参考にいたします。
色々な研究論文(study)が簡単に紹介されていますが、それらを纏めてみますと


1) 冠動脈疾患のない人が手術をする際は、出血のリスクが利点より上回るので、少量アスピリンは中断
   する。

2) 利点がリスクを上回るならば、重大な心血管疾患の再発が心配されるため、少量アスピリンは継続を
   検討する。

3) PCI(経皮的冠動脈形成術)を行っている患者はステントの種類に関係なく、少量アスピリンは中断
   せず継続服用する。

4) 以前ステントによるPCIを行っている患者で、現在は少量アスピリンを服用していなくても、禁忌で
   なければ専門家と相談して、少量アスピリンの再開を考える。


下記にストラテジーの図をPDF化して掲載します。
補足説明しますと

 ・手術は下記の3種類に分けられる。
  a : 緊急性】 生命や四肢切断の危険があるため、6〜24時間以内に実施する場合
  b : 悪性手術などの時間的にある程度余裕がある場合】 1〜6週間以内に実施の予定
  c : 待機的】 1年以内の手術が予定できる。

 ・手術の時間的な危険範囲は、バルーンでは14日以内、ベアメタルステントでは30日以内、薬剤溶出性
  ステントでは6カ月以内です。
  PCI治療をしている場合は、一般的に12カ月程度手術を遅らせる。
  しかし、手術をする利点がステント内の再血栓のリスクを上回るなら、3〜6カ月で検討する。





私見)
 アスピリンは論争のある薬剤です。
 だからこそ、きめ細かい対応が必要なようです。





本論文より.pdf

Should we stop aspirin.pdf












この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: