2019年08月22日

スタチン(脂質異常症治療薬)は高齢者でも継続服用を!

スタチン(脂質異常症治療薬)は高齢者でも継続服用を!
 
Cardiovascular effect of discontinuing statins for
primary prevention at the age of 75 years:
a nationwide population-based cohort study in France
 


0822.PNG



 75歳でもスタチンを継続服用していないと、その後に心血管疾患を起こす可能性が増すとの論文が、
フランスより発表になりました。


纏めますと

1) 登録者は2012〜2014年に75歳になった人で、更に下記の条件をクリアーした人です。
   ・心血管疾患の既往がない人 (つまり一次予防効果)
   ・試験(トライアル)の2年前まで、スタチンを正確に80%以上服用していた人

2) トライアルは、その後もスタチンを継続服用した群と、連続して3か月間以上服用を中断した群で
   比較検討しています。

3) 主要転帰は心血管疾患による入院率です。
   全体で120,173名が登録しています。
   両群の比較期間は、平均で2.4年間です。
   中断した群は、17,204名(14.3%)です。
   心血管疾患で入院した人は、5,396名(全体の4.5%)です。

4) 中断した群の危険率は
   ・全ての心血管疾患では、1.33
   ・冠動脈疾患では、1.46
   ・脳卒中では、1.26
   ・その他の心血管疾患では、1.02 でした。

5) 結論として
   75歳になったからと言って急にスタチンを中断すると、そのリスクは33%も増加する。






私見)
 以前の私のブログで紹介しましたスタチンのレガシー効果(遺産効果)に対して、高齢者の場合は
 「そんなのないよ。」と言いたいような結論です。
 「なんなんだよ。年寄はたったの3か月以上何もしなかったら遺産はパーかよ!」
 75歳を迎える私としましては、この論文はまるで僕の事みたい。






effect of discontinuing statins.pdf










posted by 斎賀一 at 14:53| Comment(0) | 脂質異常
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: