2019年06月17日

閉塞性肺疾患(COPD)における吸入剤

閉塞性肺疾患(COPD)における吸入剤 LABA+LAMAとLABA+ICSの比較
 
Comparative Effectiveness and Safety of LABA-LAMA vs
LABA-ICS Treatment of COPD in Real-World Clinical Practice



0617.PNG



 以前の私のブログ(COPDで検索)をご参照ください。
(気管支拡張には交感神経が関与しています。その反対の副交感神経を抑制すれば、間接的に気管は
拡張します。交感神経を刺激する方が、副交感神経を抑制するより効果は高い事が予測できますが、交感神経の刺激は心臓をも興奮させてしまう懸念があります。また、現在の交感神経刺激薬は気管支に特化していると言われています。長期に持続して作用する交感神経刺激薬がLABAで、副交感神経抑制薬がLAMAです。)
 ブログで紹介した以前の論文と同様の結果ですが、今回の論文でも再確認してみます。


1) COPDの治療は、ガイドラインでLABAとLAMAのどちらかが最初に勧められていますが、コント
   ロールが不良の時には更にstep-upして、LABA+LAMAを推奨しています。
   今回の論文ではLABA+LAMA とLABA+吸入ステロイドとの比較研究です。

2) 2002~2015年に懸けて、55歳以上(平均72歳)のCOPD患者を登録しています。
   LABA+LAMAの群が1,977名で、LABA+吸入ステロイドの群が同数の1,977名です。
   両群とも平均で3か月間は初期の治療を継続しています。
   1年間の経過観察で、中等度以上のCOPD急性増悪の頻度(ステロイドの全身投与か入院を
   増悪と定義)を主要転帰としています。

3) LABA+LAMAはLABA+吸入ステロイドと比較して、中等度の急性増悪の危険率は1.04で、重症
   の危険率は0.94でした。
   入院を必要とする肺炎の危険率は0.66でした。(LABA+LAMAが5人/100人でLABA+吸入ステ
   ロイドが8人/100人)

4) 急性増悪の予防効果は両群で同程度でしたが、肺炎の危険率は LABA+LAMA に比べてLABA+
   吸入ステロイドの方が悪い結果でした。





私見)
 COPDの治療でstep-upの時には、LABA+LAMAが有効との結果です。
 喘息を合併していたり、好酸球増加がある事はステロイド吸入を追加する選択肢もあります。
 そのような時には最近発売になっています LABA+LAMA+吸入ステロイドの3つの合剤も利便性が
 ありそうです。
 但し若干の肺炎の合併にも注意が必要となります。









1 Treatment of COPD.pdf

2 気管支拡張薬外用剤型一覧(1).pdf

3 テリルジー 3成分配合.pdf












posted by 斎賀一 at 21:16| Comment(0) | 喘息・呼吸器・アレルギー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: