2019年06月11日

U型糖尿病の15年間の追跡研究;VADT-F研究 強化療法と標準療法の比較

U型糖尿病の15年間の追跡研究;VADT-F研究
強化療法と標準療法の比較
 
Intensive Glucose Control in Patients with
Type 2 Diabetes-15-Year Follow-up
n engl j med 380;23 nejm.org June 6, 2019



0611.PNG




 U型糖尿病における強化療法と標準療法の比較を10年間追跡研究した論文が、2015年の雑誌NEJMに投稿されています。更に全体で15 年間の追跡研究をして雑誌NEJMに今回掲載しています。
登録された参加者(完全コホート)を観察による追跡研究と、データを提供することに同意するかどうかを尋ねてた(調査コホート)を行っています。
 (ザックリと言いますと、最初がVADT研究で約5年間治療をして5年間の経過観察、今回がVADT-S研究で、5年間の治療後に10年間の経過観察。経過観察中はどちらの治療群になるかは本人次第)


過去に強化療法と標準療法の比較した代表的な研究は下記の4つです。

  ・UKPDS
  ・ACCORD
  ・ADVANCE
  ・VADT

 最初にUKPDSが英国で報告された時には衝撃が走りました。
強化療法は、細小血管疾患には効果があるが大血管障害の予防効果は限定的で、むしろ死亡率などの予後が悪いとの報告でした。その後の研究も上記と似たような結果でした。医師会などの講演会でも上記のスタディがよく引用されましたが、講演者によってその解釈は異なり、全体としては強化療法が勝るとの意見が多くありました。 (下記のPDFを参照)
 UKPDSはその後UKPDS33、UKPDS80と発表になっています。
その内容は試験が終了して血糖管理に差が無くなっても、強化療法の方が心筋梗塞の発症や全死亡が有意に減少していました。これをlegacy effect(遺産効果)と言いますが、その機序は不明です。
VADTにおいても、試験開始から10年経過した時点でlegacy effectがある事を証明しています。
今回のVADT-Fでは、更に15年後にlegacy effectがあるかを調べています。


今回、NEJMからのVADT-Fを纏めました。
(2015年のVADT論文の日本版を下記にPDFで掲載します。)

1) 完全コホートは 1,655 例、調査コホートは 1,391 例であった。
   強化療法群(892 例)と標準療法群(899 例)に振り分けています。
   約5年間の治療により強化療法群では、ヘモグロビンA1cはほぼ正常に到達していますが、
   (平均で6.9%)標準療法群ではヘモグロビンA1cは8~9%でした。
   調査治療後の追跡調査の期間は、両群の治療内容がほぼ同じとなっており、その結果両群のヘモ
   グロビンA1c差は0.2~0.3%/3年づつ減少して、15年後には両群ともほぼ同じの8%でした。
   尚、糖尿病治療薬以外は積極的に両群共に行っています。(例えば降圧薬、スタチン系薬剤など)

2) 15年間の追跡期間(実治療;約5年+試験後の観察;約10年)では、強化療法群における主要
   心血管イベントと死亡のリスクは、標準療法群と比較して低くなかった。
   (主要転帰の危険率 0.91、死亡の危険率 1.02)
   主要心血管疾患のリスクは、ヘモグロビンA1cの差が持続している間は強化療法の方が低かった
   が、(危険率 0.83) ヘモグロビンA1cが等しくなった後はこの利益は持続しなかった。
   つまりlegacy effectは認められなかった。

3) 以前の10年間のVADT研究では両群でヘモグロビンA1cの差が7.1年間持続していたため、心血管
   疾患のリスクが17%減少しており、強化療法の効果が認められた。
   しかし、それに反して今回のVADT-F研究では、両群でヘモグロビンA1cに差が無くなってからは
   心血管疾患に対する効果も消失している。
   VADT-2はACCORDとADVANCEと同様の結果でした。






私見)
 VADT-F研究にはそれなりに限界が指摘されています。 
 対象に男性が多い。 進展した糖尿病患者が主体であったなどです。
 Legacy 効果はそれ程長期には期待できないものです。低血糖に注意しながら日々のヘモグロビン
 A1cの目標を適正に定め、粘り強く治療していく事が大事です。
   (いつまでもあると思うな、親と遺産)

 糖尿病治療薬のSGLT-2阻害薬が、益々期待される結果です。
  (VADT-S研究にはSGLT-2阻害薬は参加していません。)





1 VADT-F.pdf

2 dm study.pdf

3 ukpds.pdf

2 型糖尿病における強化血糖コントロールに関する 10 年間の追跡調査.pdf










 


posted by 斎賀一 at 21:45| Comment(0) | 糖尿病
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: