2019年05月09日

フルニエ症候群(Fournier gangrene)とSGLT-2阻害薬?

フルニエ症候群(Fournier gangrene)とSGLT-2阻害薬?
 
Fournier Gangrene Associated With Sodium–Glucose
Cotransporter-2 Inhibitors: A Review of Spontaneous
Postmarketing Cases



0509.PNG

     


 壊疽性筋膜炎(Fournier gangrene)特に会陰部と糖尿病治療薬のSGLT-2阻害薬の関係に対する警告が、アメリカのFDAから出たとの報告が雑誌Annals of Internal Medicineに掲載されています。
内容はmedscapeにも載っていますので、それをまとめてみました。



1) FDAは以前、2013~2018年間で12例のFournier gangreneを報告しています。
   今回は更に55例を追加しての報告を、Annals of Internal Medicineに掲載しました。

2) 全ての患者が入院治療を必要としましたが、何れも診断に時間を要しています。
   全身症状に隠れて、会陰部疼痛が的確に診断されていないためです。
   一般症状としては、発熱、倦怠感、などの非特異的なものです。

3) SGLT-2阻害薬が発売になってからの6年間で55例が報告されているのに対して、他の糖尿病薬の
   歴史では35年間で19例の報告です。つまりFournier gangreneが、糖尿病だけが原因ならば
   35年間でもっと多くの報告があっていいはずだとしています。
   Fournier gangreneがSGLE-2阻害薬と深く関係している事を、臨床家は認識すべきだとして
   います。

4) Fournier gangreneの平均年齢は56歳、殆どが男性(39/55)で、SGLE-2阻害薬を服用して
   から発症までは、平均で9か月です。
   しかしその範囲は5日から49ヵ月と幅が広いです。
   病変は下肢にも及び、下肢切断まで至った例が2例ありました。3例が死亡転帰しています。
   初回の受診で診断が出来なかった例は6例もあったとの事です。





私見)
 極めて稀な症例報告ですが、診断に遅れる事があるようです。
 糖尿病患者さんで発熱の場合は、全身を診察する事が基本です。
 会陰部に関しては男性は私が、女性は看護師が気軽に視診する事としましょう。





Tsglt fournier-gangre.pdf

2Fournier Gangrene Alarm.pdf

3sglt.pdf

4NEJMより.pdf

5uptodateより.pdf

6SGLT2阻害薬一覧.pdf










posted by 斎賀一 at 15:11| Comment(2) | 糖尿病
この記事へのコメント
続きなのですが...

いきなり義妹の母の話をしたのは、9連休の時に思い出したのですが。

妹の母のとこの会長の奥谷さんが、以前に祝日はいっさいなくすべきと発言して世間で大問題になったりしてましたが。

祝日がなかったら私は働けませんが、やり手の方はあまりお休みが好きではないのでしょうか?

去年、ZOZOの田端さんて方の過労死は自己責任発言で大炎上してましたが、10年ちょっと前に、奥谷さんが同じような発言をして国会で大問題になったりしてましたが…

面と向かって聞けませんが、経営者(私のとこの)がどう思っているのか、考える事はありますが。

業務もきついのですが、更にお客さんなど個性的な方が多くて、人にも疲れます(笑)

同じような環境なので、思わず先生に愚直ってしまいましたが。

さらっと交わせるような、接客術を身に付けたいものですが。

うちの姪も1年生の時に、学校で気を使いすぎて、疲れちゃって家に帰ってくると荒れてます(^o^;)とよく義妹から報告が来てましたが...
私の場合は仕事が終わると、もう魂が抜けちゃってて(-.-)荒れるような力は残ってませんが。

私が誰か一部の方にしかわからないと思うので、先生のお勉強のブログにいつもくだらない事をグダグタとストレス発散させていただいて、申し訳ありません。

ありがとうございました(^o^)/

Posted by at 2019年05月10日 01:35
今日も凄まじかった...(ToT)

Today's return time is after 11pm

Very tired...(-_-)
Posted by at 2019年05月11日 00:19
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: