2019年05月07日

頭痛の鑑別のメモ書き

頭痛の鑑別のメモ書き


0507.PNG
                                   ブログしている 院長自画像

      

 実地医家では、頭痛の鑑別は最重要の一つです。
特にくも膜下出血(SAH)は、名医でも苦心する病気との事ですから、一般医の私では尚更です。
ゴールデンウイークの機会に本棚から書籍を取り出して勉強し、ブログしてみました。


#くも膜下出血

1) くも膜下出血の見逃されやすいケースでは、比較的軽度な頭痛で歩いて受診(WalkingSAH)し
   頭部CTを撮ってももminor leakで診断が困難なことがある。

2) 未破裂脳動脈瘤
   雷鳴頭痛でCT及び髄液検査で正常でも、9%に未破裂脳動脈瘤を認めている。
   瘤の増大、瘤内の血栓、壁内出血が考えられている。特に眼窩後部痛に散瞳を伴っている場合は、
   切迫破裂の徴候としての対応が必要である。


#片頭痛

3) 片頭痛は6割が片側で、4割が両側です。

4) 治療薬のトリプタン系は、 Moskowitz先生の言うtngeminovascular system((三叉神経血管
   系)であれば、片頭痛以外にも副鼻腔炎、軽症のくも膜下出血にも限定的ながら効果があるといわれ
   ているため注意が必要


#群発頭痛

5) 群発頭痛はそれに対して必ずー側の頭痛で、片側だけで15分から180分という限られた頭痛
   特徴は自律神経症状を伴うということ、頭痛側の目から涙が出たり、鼻水がでたり、額に汗をかく等
   の症状が一側に偏る。
   片頭痛は動くと痛みがひどくなるので動かないが、群発頭痛は転げ回って動くという特徴がある。
   群発頭痛は、起きる時間帯が夜寝てから2〜3時間後などと、ある程度決まっている。
   毎日のように同じ時間帯に起きて、それが1ヵ月ほど続く。
   アルコールを飲むと必ず頭痛が起こるとか決まったパターンがある。誘発因子があるのも特徴


#RED FLAG

6) 頭痛の危険信号(red flag)についてはuptodateより引用しました。
   下記にアルゴリズムをPDFで示します。

   SNOOPとして覚えるそうです。
    ・Systemic symptom ; 全身症状
      発熱、体重減少、癌、妊娠、免疫不全
    ・Neurologic ; 神経症状
      意識障害、乳頭浮腫、痙攣、髄膜刺激症状、神経学的所見
    ・Onset ; 発症
      50歳以上での初めての経験、急な発症(雷鳴性)
    ・Other ; 他の状況
      頭部外傷、中毒、頭痛での覚醒、咳、興奮、性交
    ・Previous ; 以前の頭痛との変化
      以前より進行性、悪化、性質の変化、臨床症状の変化

   Morning hedacheは注意しなくてはならないが睡眠時無呼吸、COPD、肥満でも認められることが
   ある。
  
   逆に下記の場合は重症ではないかもしれない。
    ・50歳以下
    ・以前と同じ頭痛
    ・神経学的所見がない。
    ・新しい所見や既往歴がない。


#その他の雷鳴性頭痛

7) 静脈血栓症、RCVS (reversible vasoconstriction syndrome)、及びTolosa-Hunt
   syndrome、片麻痺性片頭痛についてもuptodateより纏めて、下記にPDF化しました。
   円蓋部SAH(円蓋部については下記のPDFを参照)、下垂体卒中などもThunderclap headache
   (雷鳴様頭痛)と表現されています。


#その他の二次性頭痛

8) その他、脳実質病変に乏しい二次性頭痛としては
   ・副鼻腔炎
     鼻閉を伴い下を向くと頭痛
   ・低髄液圧症候群
     立位で悪化、硬膜下水腫を伴う
   ・椎骨動脈解離
     脳梗塞、SAHを伴わない後頭部痛
     内膜下解離は脳梗塞、外膜下解離はSAHを引き起こす。
   ・特発性頭蓋内圧亢進症
     視神経蛇行を伴った頭痛
     若年肥満の女性に多い。鬱血乳頭、第6脳神経麻痺

9) 尚、薬物乱用頭痛は服薬を中止して1週間もすると軽くなり、1か月我慢すると殆ど軽快する。





私見)
 下記の書籍より拝借してPDF化しました。
 頭痛には系統立てたアプローチも必要ですが、疾患を理解して直感での診断も有効です。
 職員の皆さんの問診でも病名を想定しての患者さん対応をして下さい。
 ゴールデンウィークでリフレッシュした皆さん、下記のPDFでじっくりと勉強してください。






 medicina practice ;  vol.34 no.2 2017
 日本医師会雑誌 ; vol.144 no.5 2015
 神経疾患 ; 日本医事新報社
 はじめての神経内科 ; 中外医学社
 一発診断100 ; 文光堂
 極論で語る神経内科 ; 丸善出版
 見逃し症例から学ぶ日常診療のピットフォール ; 医学書院
 神経診療力腕試し ; 金芳堂
 続3分間神経診察法 ; 総合医学社
 uptodateより




1 頭痛診断基準.pdf

2 片頭痛.pdf

3 筋緊張型頭痛.pdf

4 群発頭痛.pdf

5 頭痛症例.pdf

6 脳静脈血栓症.pdf

7 RCVS.pdf

8 Tolosa.pdf

9 片麻痺性片頭痛.pdf1.pdf

10 危険信号の鑑別.pdf

11 雷鳴頭痛.pdf

12 眼筋麻痺と眼痛.pdf

13 円蓋部について.pdf










posted by 斎賀一 at 21:58| Comment(1) | 脳・神経・精神・睡眠障害
この記事へのコメント
院長自画像とは、先生が描いたのでしょうか?芸術作品ですね...(^o^)/

近頃、こんな気分だったのでしょうか?

私も長い連休で、すっかりお休みモ―ドになってしまって、明日からの激務をどうしたらいいのかと、まさにこの絵のような心境ですが...(^_^;)

私は先生のご年齢までは、とても働く気力と体力が持たないと思います(-_-;)

先生パワフルですよね〜(^o^)/

先生と婦長先輩、尊敬しちゃいます。

私の周りには、もう1人バリバリの70歳のキャリアウ―マンがいて、私の義妹の母ですが。

実は、最初に見た時に先生の奥さまに似ていると思ったのですが。

奥さまもいつも綺麗になさっていて、素敵です(*^O^*)

義理の妹の母は、元同僚の方6人で会社を立ち上げて、(株)ザ.ア―ルと言う先生ならご存じかも知れませんが、会長が奥谷れいこさんて実業家の方です。

ザ.ア―ル宮本で検索するとちょっとだけ妹の母がでますが。会社は人材派遣、人材育成とか接客マナ―とか企業向けにやってたりもしてます。

うちの姪が、ほんと私にそっくりで心配なのですが、勉強嫌いで、とにかく飽きっぽく。

妹の母に私も、姪は近くに住んでるので育成してもらいたいとこですが...(^_^;)

ほんと、どうしたら先生みたいに姪が勉強もやる気になるのでしょうかね?


Posted by at 2019年05月09日 02:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: