2019年04月25日

肝細胞癌

肝細胞癌
 
Hepatocellular Carcinoma
  n engl j med 380;15 nejm.org April 11, 2019


0425.PNG

 

 雑誌NEJMに肝細胞癌の総説が掲載されていましたので、ブログにしてみました。


1) 以前はB型肝炎が主な原因でしたが、輸血の改善とB型肝炎ワクチンの普及により、主流はC型肝炎
   に移行しました。更に最近では経口薬のDAAの導入によりC型肝炎も治癒(SVR)の時代となり、
   肝細胞癌の原因は様変わりしています。
   ウイルス性肝炎に代わり非アルコール性肝疾患(NAFLD)、及びそれに関連した肥満、糖尿病が
   注目されています。

2) 遺伝子のDNAに変異が起こり、前癌状態の異型結節(dysplastic nodule)が発生する。
   そこから肝細胞癌に進展する。
   TERTpromoterの変異が60%関与していると言われている。
   しかしDNA変異は多岐にわたり、其々の頻度が低いために治療や診断、予後判定には未だ実用化
   されていない。

3) 一般的には炎症、線維化、肝硬変から肝細胞癌は進展するが、B型肝炎の様に肝硬変を経ずに肝
   細胞癌が発生する事がある。  これが増殖過程(proliferation class)である。
   もう一つが非増殖過程(nonproliferation class)でC型肝炎に代表されるように肝硬変を経て
   から肝細胞癌となる。
   (エコーで肝硬変が無くても肝細胞癌の発生する過程がproliferation class)
   Proliferationの方が進行度は悪性で、αプロテインと関連している。
   Nonproliferationはその細胞は遺伝子的、免疫応答が正常肝細胞に近似している。

4) エコー検査は6カ月毎が基本であるが、診断の感度は47~84%で特異度は90%である。
   正常肝細胞や、良性の異型結節の血液供給は門脈系だが、悪性の肝細胞癌では変移して動脈系と
   なる。  これを利用した造影CTとMR検査により、動脈相と静脈相を区別して鑑別する事が出来る。
   1cm以上の腫瘍では、その診断感度は66~82%で特異度は90%以上です。
   確定診断は生検です。





私見)
 本論文のグラフの方が分かりやすいので下記のPDFを参照ください。
 注意深いエコー検査が必要です。下記の文献より今一度勉強しましょう。



         0425-2.PNG

          書籍;腹部エコーの基礎;秀潤社より






1 肝細胞癌.pdf

2 腫瘍性肝疾患の超音波診断.pdf

3 肝腫瘤の超音波診断基準.pdf

4 腹部超音波検診判定 マニュアル.pdf














posted by 斎賀一 at 14:11| Comment(0) | 肝臓・肝炎
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: