2019年03月19日

薬物性肝障害と薬剤熱:uptodateより

薬物性肝障害と薬剤熱:uptodateより



0319.PNG




 前回のブログに引き続き、薬物性に関して纏めましたので掲載します。


薬物性肝障害(DILI)

1) 医療薬ばかりでなくサプリや漢方、ハーブに至る広範囲にDILIが認められ、その数はおよそ
   1000以上に及ぶ。
   アメリカで最も多いのは、アセトアミノフェン、抗生剤である。
   抗生剤に関して世界的にはオーグメンチン、クラバモックスに報告が多い。

2) 臨床的な分類 (下記のPDFに纏めました。)
   ・肝細胞性障害
   ・閉塞性障害
   ・混合型

3) 臨床経過
   ・急性 ; 3か月以内
   ・慢性 ; 3か月以上

4) 機序
   ・用量依存性 (predictable)
   ・非用量依存性 (idiosyncratic、代謝性か免疫性が関与)

5) 臨床症状
   ・急性 ; 症状が無い事が多い。閉塞性の場合は痒み、黄疸症状が時にある。
   ・慢性 ; 他の慢性肝疾患(自己免疫性肝疾患、PBC、アルコール性肝疾患など)に似ている。
         肝線維化や肝硬変に進行する事もある。
         発熱や発疹を伴う事や、伝染性単核症様の症状があり鑑別が必要

6) 病理組織的分類 (下記のPDFに纏めました。)
   ・肝細胞障害
   ・胆汁閉塞
   ・脂肪変性
   ・肉芽形成
   ・signs of hepatic venous outflow obstruction
   ・sinusoidal obstruction syndrome
   ・phospholipidosis
   ・peliosis hepatis


薬剤熱(drug fever)

1) 発熱の出現時期は診断の価値がない。
   平均で投与後8日(24時間〜数か月) 時には数年

2) 微熱から消耗熱(hectic)まで色々
   中止から3~4日で解熱するが、時に一週間かかる事もある。

3) 発熱以外には、発疹、蕁麻疹、肝腎障害、口内炎、血液障害
   原因不明の発熱で肝腎障害があればdrug feverを疑う。
   発疹に診断価値はあるが頻度は18%程度

4) 除脈は10%、好酸球増加は20%

5) 当該薬剤としては
   てんかん薬、ミノマイシン、ザイロリック、ヘパリン、抗がん剤など





私見)
 人生を振り返ると若い頃は何とボーっとしていた事かと、思い出すだけで一人小声で叫びたくなります。
 病理学教室にいる頃、ある造影剤検査後に、肝障害を起こした症例の肝生検を見たことがありました。
 下記のPDFに掲載しました 「peliosis hepatis」 でした。






薬物性肝障害.pdf










posted by 斎賀一 at 21:13| Comment(0) | 肝臓・肝炎
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: