2018年12月28日

亀田病院は今回ゾフルーザを見合わせる

亀田病院は今回ゾフルーザを見合わせる
           <ツイッター版>



 色々なネットで、亀田総合病院が今シーズンのインフルエンザに新規インフルエンザ薬のゾフルーザを見合わせたとの掲載があり、注目されています。

 日経メディカルに、感染症科部長の細川直登氏の見解が載っていましたので下記に掲載します。
説得力のある内容ですが、一点だけ私の無理解かもしれませんが異なる点がありました。
ゾフルーザ投与後のアミノ酸変異はタミフルの耐性化と異なり、その後のゾフルーザの耐性化には繋がらないと理解していました。
 現時点では本院でもゾフルーザを処方していますが、効果はかなりありそうですし、タミフルにおける
嘔気もなく、薬価を抜きにしますとかなり有力な薬剤だと思っています。
そうは言っても天下の亀田の感染症科の見解ですし、十分に症例を選ばなくてはならないと思いました。





ゾフルーザ 亀田病院.pdf














posted by 斎賀一 at 18:51| Comment(1) | インフルエンザ
この記事へのコメント
ゾフル―ザは、薬価が高いですよね(^_^;)

1回に2錠で、調剤料とか合わせると2000円超えるのかな...

80kg以上体重がある方は、4錠ですよね?

横浜に住んでる小学2年の姪が、終業式が終わった次の日に、インフルAにかかりました(*_*)

横浜市はこども医療券が、小学3年生までが無料で、4年〜6年までが1回500円だそうです。

それで、処方の時にタミフルにしますか?
イナビルにしますか?
それとも、新薬ですがゾフル―ザ試してみますか?と患者に選択だったようですが。

うちの姪は、イナビルがうまく吸えなさそうだったので、タミフルにしたようですが…

やはり、ゾフル―ザは処方されて薬価が高いのに驚かれるようですが(*_*)

姪はタミフルが1日で効いたようで(^-^)v

昨日は元気になって、ご長寿番組をみてゲラゲラ笑ってたので、私も姪に、お土産をおいていかれるといけないので、お正月過ぎたらおいでね〜と伝えてあります(^o^;)


Posted by at 2018年12月30日 08:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: