2018年11月08日

C型肝炎の母子感染について

C型肝炎の母子感染について

 
Quasispecies Diversity Is a Major Risk Factor
for Vertical Hepatitis C Virus Transmission



1108.PNG



 B型肝炎とは異なり、C型肝炎は母子感染による垂直感染は稀と言われています。
C型肝炎に罹患すると血液内に抗体が出来ますが、C型肝炎ウイルスは賢くて肝細胞の中に隠れてこの抗体の攻撃を逃れ、慢性の肝炎へと進展してしまうと想像されています。最近では遺伝子的にアプローチされています。
よって他の疾患と異なり、C型肝炎の患者さんがC型肝炎ウイルスの抗体があったとしても治癒した事にはなりません。
 しかし、母子感染の場合には母親のこのC型肝炎ウイルス抗体が有効に働き、胎児の出産における垂直感染を防止するようです。
今回の論文では、HIVとの混合感染の時にその免疫機能が作動しない場合を調べています。
C型肝炎ウイルスもHIVウイルスと同様に変異が激しく、ワクチンを作るのが困難です。 (最近は明るい報告もあります。)
下記にウイルスの遺伝子配列を示します。



         1108-2.PNG



C型肝炎ウイルスを包むエンベロープにはE1とE2がありますが、その中のE2の末端にHVR-1と呼ばれる変異が激しく起こる領域があり、この部位が抗体から逃れる機能に関係しているようです。
つまり、母体のHVR-1の変異により垂直感染の有無が決まります。しかし母体がHIVと混合感染しますと、HVR-1の変異と関係せずに免疫機能が作動しなくなり、垂直感染を起こしやすくなるとの事です。





私見)
 C型肝炎の垂直感染は稀ですが、HVR-1の変異によっては成立してしまいます。
 HIV感染との混合感染では、変異に関係せずに垂直感染の頻度が増すようです。



hcv.pdf
















posted by 斎賀一 at 13:28| Comment(0) | 肝臓・肝炎
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: