2018年10月09日

乳歯に対する親御さんの心配

乳歯に対する親御さんの心配



1009.PNG


 

 乳歯に関連しての心配を相談されるお母さんが多いように感じます。
成長が遅れていないか、全身性の病気が隠れていないか、将来歯並びが悪くならないか等です。
ブログしましたので、参考にしていただければと思います。
 下記の書籍等から抜粋しましたが、基調は上記題目の雑誌、小児科を纏めてみました。
何れも図が主体となりますので、下記のPDFをご参照ください。


1) 歯列および咬合の発育
    
   ・無歯期
    出生から最初の乳歯が萌出するまでの時期 (出生から生後6〜8ケ月)
    顎間空隙で乳児は乳首を捕捉し、哺乳する。
   ・乳歯萌出期
    大体6〜8ケ月から2歳半頃だが、個人差が大きい。
    咬合が安定せず保護者が咬合の異常を訴えるが、乳歯列が完成するまでは正確に診断できない。
   ・乳歯列期
    全ての乳歯が萌出し、最初の永久歯が萌出を開始するまでの期間
    2歳半から6歳ごろまでを言う。
   ・生理的歯間空隙
    乳歯列は歯間に空隙が存在する。これは永久歯との生え変わりに有効
   ・霊長空隙   
   ・混合歯列期
    6歳から乳歯が全て無くなる10〜12歳までの期間

2) 歯の生える時期と歯の数の異常
   通常は時期の遅れの基準は反対側の乳歯の萌出、又は脱落から1年以内が正常な交換期間で
   ある。
   乳歯が埋没していると永久歯にも影響が及ぶため、乳前歯では2歳まで、乳臼歯では4歳までに
   異常があれば、歯科での精査が必要
   基本的にはパノラマX線が必要
   異常が疑われたら、4歳までに一度はパノラマX線をしておく事が大事である。

3) 歯並び、及び噛みあわせの心配
   成長変化により改善が期待できる場合と、発育のステージに問題が生じる場合がある。
   同じ状態が必ずしも永久歯に移行するわけではない。
   予測して将来に備える。
   早期の治療により、必ずしも整った永久歯の咬合が保障されるわけではない。
   めざましい成長が子供にはあるので、安易な介入は慎むべき。
   最終的な調整が可能な思春期までは、極力介入を避ける。
   一方で、成長期は歯の移動もスムーズであり、痛みも少なく顎の成長促進が出来ると言った利点も
   ある。双方共にそれなりの理由がある。
   現在では自然治癒の望めない交叉咬合に対しては、歯科医に相談するのがコンセンサスである。
    (詳しくは下記のPDFを参照)




【参考書籍】

  乳児保育 : 南山堂 2009年
  小児科8月増刊号 乳幼児健診 : 金原出版 2017年
  乳幼児健診マニュアル : 医学書院 2011年
  知っておきたい子どもの歯の諸問題 : 小児科 V59 N6 2018  高木祐三
  歯列咬合マニュアル : 広島県歯科医師会 (下記にPDF掲載)





乳歯検診.pdf

広島県歯科医師会マニュアル.pdf














posted by 斎賀一 at 21:29| Comment(0) | 小児科
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: