2018年09月12日

非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD)は肝癌の危険因子

非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD)は肝癌の危険因子
 
Risk of Hepatocellular Cancer in Patients
with Nonalcoholic Fatty Liver Disease



0912.PNG



 脂肪肝にはアルコール性と非アルコール性があります。
この非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD)は、非アルコール性脂肪肝(NAFL)と非アルコール性脂肪肝炎(NASH)に分かれます。   (以前の私のブログを参照)

今回の論文では、このNAFLDから肝癌の発生が予想以上に多いことを裏図けるデータを示しています。



纏めますと

1) 2004~2008年の間でNAFLDと診断された人を登録し、その後肝癌、死亡又は2015年までの観察
   期間として解析しています。
   NAFLD患者の296,707人に対して、コントロール群の296,707人を比較対象しています。
   平均年齢は55.4歳です。

2) ベースラインでの肝硬変の率はNAFLD群では0.4%でしたが、研究終了時で1.4%に上昇していま
   した。
   肝癌の発生は545名で、その内NAFLD群では490名でした。
   肝癌発生の頻度は、NAFLD群では0.21人/1,000人/年、コントロール群では0.02人/1,000人/年
   と、約10倍の危険率でした。

3) 1,000人/年で見ると男性が0.4人対して女性は0.22人と男性の方が危険率が高く、65歳以上と
   以下では0.41人と0.01~0.21人でした。





私見)
 男性で見ますと、10年リスクは0.4%となるでしょうか。
 肝癌に絞っての事ですので少ないようで多い感じです。
 また大雑把に言って、NAFLDは10年で1%の肝硬変への移行でしょうか。




Risk of Hepatocellular Cancer in Patients with Non-alcoholic Fatty Liver Dis.pdf










posted by 斎賀一 at 18:33| Comment(0) | 肝臓・肝炎
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: