2018年05月15日

前立腺癌のMRI検査の有用性

前立腺癌のMRI検査の有用性
 
MRI-Targeted or Standard Biopsy for Prostate-Cancer Diagnosis
n engl j med 378;19 nejm.org May 10, 2018



0515.PNG




 生検を受けたことのない前立腺特異抗原(PSA)高値の男性において、事前にマルチパラメトリック
MRIを実施して癌の可能性を調べてから、そこを標的にコア生検を実施した場合と、標準的に経直腸的超音波ガイド下生検でコア数 10〜12の生検した標準生検とを比較した論文が、NEJMに掲載されました。
結論的には、生検前に MRI を実施してから MRI 標的生検を行った群の方が、標準的な経直腸的超音波ガイド下生検に対して優越性を示しました。


纏めますと

1) PSAが20以上や直腸指診で進行癌の所見がある場合は除外しています。
   PSAが20未満で前立腺癌の疑いがある470人を、MRIを実施した群としないで標準的にコア生検を
   10~12行った群に其々235名に振り分けています。
   MRIを実施した群ではPiRADS v2の診断基準に従い、スコアーが1と2は癌の可能性が低いので
   標的生検は実施せず、3・4・5に実施しています。
   (PiRADS v2に関しては下記のPDFをご参照ください。また生検のグリソンスコアーに関しては以前
   の私のブログもご参照ください。
   簡単に述べますと、MRI所見を辺縁領域と移行領域で調べてスコアー化しています。
   グリソン・スコアーとはコア生検から細胞異型でなく組織異型を主として、標本の中で一番目と二番目
   に多い異型所見を足したものです。当然両方ともスコアー化の数字が多い方が悪性です。)




         0515-2.PNG
         0515-3.PNG



 
2) MRI 標的生検群 252 例のうち、71 例(28%)は MRI で前立腺癌が示唆されなかったため生検
   を受けなかった。つまりMRIを実施することにより、無駄な生検を1/4減らすことが出来た。

3) 臨床的に意義のある癌は、MRI 標的生検群では 95 例(38%)に検出されたのに対し、標準生検群
   では 248 例中 64 例(26%)に検出された。
   MRI群の非劣性が証明された。

   詳細の結果表は下記のPDFをご参照ください。




私見)
 MRIを実施する事により無駄なコア生検を1/4減らすことができ、その後のMRI標的生検によりコア生検
 の回数も減らせて合併症も少なくて済みます。
 なにやらMRIが標準的な診断方法のようです。
 残念ながらMRIに関しては造詣が浅いため、下記の文献をご参照ください。




前立腺癌文献より.pdf

1 文献.pdf

2 PI-RADS v2 Score 高橋.pdf

3 PI-RADS v2 Score1.pdf

4 PI-RADS v2 Score2.pdf














posted by 斎賀一 at 20:33| Comment(0) | 泌尿器・腎臓・前立腺
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: