2018年05月11日

乳酸アシドーシスについて

乳酸アシドーシスについて
            <業務連絡用>




 以前のブログで酸塩基平衡について記載しましたが、電解質の Na−Cl がアシデミアの判定に有効
です。
アシデミアでは水素イオンが多いので、プラスイオン同士の細胞の中のカリウムと交換して細胞外にカリウムが多くなります。
またイオン化Caも低下していますので、以上より
1) Na−Cl  2) 血清K  3) イオン化Ca 
の3点を調べてアシデミアを判定します。 (本院での話ですが)
乳酸アシドーシスを迅速に診断しなくてはなりませんが、判定には2〜3日かかります。よって疑いがあれば上記の3点を迅速に検査し、且つ乳酸も同日に検査して後日確定します。
 尚、乳酸アシドーシスとその診断ストラテジーに関しては、下記のPDFを参照して下さい。





 「今日の臨床サポート」を試験中



1 乳酸 日経メディカルより.pdf

2 アシドーシス乳酸.pdf

3 乳酸アシドーシス (2).pdf













posted by 斎賀一 at 20:12| Comment(0) | その他
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: