2018年05月10日

前立腺癌のスクリーニング;一般向け

前立腺癌のスクリーニング:一般向け

The US Preventive Services Task Force (USPSTF) has recently
Published recommendations on screening for prostate cancer
in asymptomatic men



0510.PNG



 米国の医師会雑誌のJAMAより、症状のない一般の人用の前立腺癌に対する手引書が出ましたので
掲載します。


1) 前立腺癌とはなにか? 
   前立腺とは膀胱の裏側にあり、精液の液体の一部を形成する。
   前立腺癌の臨床的特徴(生物学的特性)は幅が広い。
   多くの場合は進行が緩徐で死亡の原因にはならず、前立腺癌以外の疾病で亡くなるケースが多い。
   前立腺癌以外で死亡した人の病理解剖で、1/3人に前立腺癌があった。 (潜在癌:オカルト癌)
   従って前立腺癌のスクリーニングに関しては自ずと過剰診断、過剰治療のリスクが生ずる。

2) 前立腺癌のスクリーニング検査は何か?
   PSA検査が有用。
   しかし前立腺肥大、前立腺炎でも高値となるので、基本的には組織を採る生検が必要である。
   (最近では生検の前にMRIを実施)

3) スクリーニング検査の有益性と有害性は何か?
   スクリーニングの主たる目的は、最も進行性の速い前立腺癌を同定する事である。
   その事によって、死亡率や転移の減少を目的としている。
   しかし70歳以上では、有益性よりも有害性が勝っている。
   つまり勃起障害や尿失禁が、副作用に生じてQOLの低下に繋がってしまう。

4) 前立腺癌のスクリーニングに関する勧奨の程度は?
   55~69歳では有益性と有害性のバランスが拮抗しているが、70歳以上では有害性が勝る。
   よって70歳以上でスクリーニングに躊躇する人には勧奨しない。




         0510-2.PNG 





私見)
 55歳以上の人を目の前にしてこのように割り切れるのでしょうか。
 特に70歳のあなた、どうしますか?


 私の好きな詩の一節が思い浮かびます。

       「かうして目には見えずに、夜が下りて来る。」

                             ギイ・シャルル・クロス




前立腺癌 患者用.pdf








posted by 斎賀一 at 14:04| Comment(1) | 泌尿器・腎臓・前立腺
この記事へのコメント
ここ数年ですが、物忘れが激しく(*_*)
仕事でもプライベ―トでもだいぶやらかしてます...(T_T)

先生のとこに伺った時にも、トイレでお小水を採ってから、待ち合い室でしばらくしてからなにか気になって...

トイレに戻ってみたら、お小水の入った紙コップをトイレに置き去りしちゃってました〜(^o^;)

しかも終わってから買い物によって、ゴボウを買って持っていたのですが、雨が降っていたので、傘をささなきゃと思ってとっさにだしたら、ゴボウだったり...(-.-)

あたしだいぶ疲れてる?って思いましたが...(^_^;)

明日も目に見えて忙しいです〜(_ _)

Posted by at 2018年05月10日 23:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: