2018年05月09日

C型肝炎と新生児

C型肝炎と新生児
 
Hepatitis C Virus Screening Among Children
Exposed During Pregnancy



0509.PNG




 米国での統計によりますと、2006~2014年にかけてC型肝炎の妊婦が出産したのは1,043人(1.2%)で、60%も増加傾向との事です。
DAA治療によりやがてC型肝炎は無くなるものと期待されていますが、一方で米国の事情で刺青や麻薬のために若い世代で未だC型肝炎が流行しており、出産の機会も増加傾向との事です。

日本では保険が進んでいますが米国ではMedicaidと言う保険制度です。
この保険制度に加入して十分な新生児のサービスを受けていながらもC型肝炎のスクリーニング検査をしているのは30%足らずとの事です。

現在、C型肝炎の垂直感染(母親から新生児への感染)は8%程度と低いのですが、適切な早期の検査を勧奨しています。






私見)
 日本と事情は異なりますし垂直肝炎の頻度はB型肝炎より低いのですが、B型肝炎より出産時の管理は希薄ではと感じます。
充分な指導が大事だと考えました。





Hepatitis C Virus Screening Among Children Exposed During Pregnancy _ Articl.pdf








posted by 斎賀一 at 18:50| Comment(0) | 肝臓・肝炎
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: