2018年04月19日

でべそ:臍ヘルニア

でべそ:臍ヘルニア



0419.PNG




 最近ですが、本院に臍ヘルニアの乳児が来院して保護者の方がかなり心配しておられたので、調べて掲載しました。


1) 腸管が脱出していれば臍ヘルニア、腸管脱出がなければ臍突出症といいます。
   総称して「でべそ」と呼んでいます。

2) 新生児の4~10%に認められる。
   低出生体重児は、腹筋が未発達のため頻度が高く、1,000~1,500gの赤ちゃんは80%以上の
   発生率

3) 出産時の臍帯の処置と臍ヘルニアは関係が無い。

4) 生後3か月までは大きくなるが、腹筋が発育する1歳ごろには90%が自然に治る。

5) 1〜2歳を超えても治らなければ、手術が必要になる。
   全身麻酔で行われる。

6) 圧迫療法は遅くなると効果が出にくくなるので、開始は生後2か月前後が適当




★参考文献
  乳幼児健診 : 小児科臨時増刊号、V.58 N9.2017



私見)
細かい点はPDFをご参照ください。




でべそ.pdf

ドクターサロンより.pdf

















posted by 斎賀一 at 13:48| Comment(0) | 小児科
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: