2018年03月24日

小児の片頭痛

小児の片頭痛



0324.PNG

       

 小児の片頭痛は典型的でなく、時に腹部症状のみで頭痛を伴わない事があります。
雑誌小児科より、小児に関する片頭痛の総説が載っていました。
良くまとめられていましたので掲載します。


1) 一次性頭痛(primary)と二次性頭痛(secondary)に分けます。

2) 筋緊張性(肩こり)頭痛から片頭痛に進展するものもあると解釈されていましたが、嘔吐悪心、
   光や音の過敏があれば、片頭痛として対処したほうが良いとしています。

3) 片頭痛は、中学生で4.8%、高校生で15.6%の頻度と意外に多いです。

4) 治療はイミグラン点鼻薬か、マクサルト経口が安全である。

5) 頭痛と一見関係ない症状が、片頭痛に移行する事が分かってきた。下記の4疾患がそれに含ま
   れる。


         0324-2.PNG

   小児の頭痛は持続時間が短く、前頭部がなり易い。
   頭痛前の、食欲不振や気分の変調といった漠然とした症状を予兆と捉え、視覚症状、感覚症状、
   言語障害は前兆とされる。

6) 本論文の表を下記にPDF化しました。





私見)
 本院でのストラテジーは、簡略に下記の様にしています。

 a : 腹痛で片頭痛を疑う場合は、ぺリアクチンシロップ
 b : 体重30kg以下の場合は、イミグラン鼻用を検討 (高価)
 c : 体重30kg以上の場合は、MRI実施後にマクサルト1/2錠を、保護者の了解のもとで処方
 d : 何れの場合も、頭痛があればブルフェンを併用

 本院では小児に頭部MRIを行い、血管異常(A-V malformation)が無い事を確認してからトリプタン  
 を処方しています。
 各トリプタンの特徴については、下記のPDFをご参照ください。

 尚、下記の書籍より、上記の反復性疾患について抜粋しました。



 a : 乳幼児診療AtoZ、小児科、2011年4月臨時増刊号
 b : 日本医師会雑誌、2015年、5月号
 c : その他関連文献を同時に掲載します。
 d : 失礼ながら、以前の雑誌小児科より拝借したものも掲載します。






雑誌小児科より本論文.pdf

周期性症状.pdf

トリプタンについて.pdf

雑誌、小児の片頭痛.pdf

小児の頭痛.pdf

文献小児の頭痛.pdf















posted by 斎賀一 at 15:43| Comment(1) | 小児科
この記事へのコメント
先生、久し振りに婦人公論か何かに、小保方さんのグラビアが載ってましたが...

だいぶモデルチェンジされてましたね〜(^o^)/
Posted by at 2018年03月29日 08:19
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: