2018年02月28日

超音波は胎児に安全か?

超音波は胎児に安全か?

Association of Prenatal Ultrasonography and Autism Spectrum Disorder
JAMA Pediatrics Published online February 12, 2018



0228.PNG



 超音波は安全で繰り返し検査が出来る点からも、日常の診断にとっては今や欠かせません。
また、胎児への影響もなく妊婦における検査も周産時診断、及び治療の目まぐるしい進歩と相まって
盛んに行われています。
しかし、安全と言っても以前の超音波装置でのデータであり、最近の超音波の急速な発展においては
そのエネルギーが大きくなり、胎児での安全性を検証した論文は皆無とのことです。
今回のJAMAの論文は、最新の超音波装置での自閉症との関係を調査しています。



論文を纏めてみますと

1) 自閉症は、欧米では現在 1人/68人の発生と増加傾向になっています。
   これは、診断基準が以前と変わったことが一番の原因と思われていますが、その他には環境毒性、
   妊婦の肥満、糖尿病、単純ヘルペスなどが挙げられている。
   しかしその中で超音波装置の妊婦への使用頻度は、以前と比べても著しく増加している。  
   その点で安全としているデータは殆どが1992年以前の論文であり、使用していた超音波装置も現在
   の装置と比べてパワーが弱い物を用いていた。

2) 自閉症と社会経済的問題が関係しているとのデータもあり、特に貧困家庭では医療機関へのアク
   セスが悪く、そのため自閉症児ではエコー検査を受ける頻度が少ないと言うバイアスがあるかもしれ
   ない。

3) 対象を自閉症群、発達遅延群、正常発達群の3群に分けて検索しています。
   妊娠初期、中期、後期における超音波装置の使用程度を調べました。

4) 結論的には
   ・自閉症では発達遅延群と比較して妊婦初期での超音波装置の深さ(depth)と関係があった。
   ・自閉症は正常発達群と比較して、妊娠初期と中期での超音波装置の深さとの関係があった。
   ・しかし、超音波装置の暴露の使用頻度や期間との因果関係はハッキリとしなかった。
    またカラードプラー、3D、4D、とも関連性は認めていない。

5) depthとの関連があるのは、次の様に解析しています。
   超音波が深ければエネルギーは減弱するが扇型に超音波は拡散していくので、全体としては胎児へ
   の影響は多くなる。また解散した超音波が胎児の頭蓋骨に当たり、熱を帯びるため周辺の神経組織
   にも悪影響となる。

6) 論者は次のように結論付けています。
   ・ドプラーはパワーが強く発熱効果も高いので、必要性を十分に勘案すべきである。
    アメリカ産婦人科学会では3Dと4Dの有用性を認めていない。
   ・一般的には超音波検査は安全と思われているが、影響を受けやすい胎児もいると想像されるので、
    検査を行なう場合はdepthなどのパワーの制限等に十分な注意が必要である。






私見)
 それ程の心配はないものと思いますが、妊婦では十分な配慮が必要なようです。
 其々のデータは下記のPDFで掲載します。
 (若干、超音波検査に対して最初より色眼鏡で見ていないかと思ってしまいますが、現時点では未だ
  グレイゾーンの部分もあり、depth等のパワーを制限しての検査が必要なようです。)






自閉症とエコー.pdf

least-square-method.pdf









posted by 斎賀一 at 19:36| Comment(0) | 小児科
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: