2017年10月30日

C型肝炎の母子感染(垂直感染)

C型肝炎の母子感染(垂直感染)
            <ツイッター版>




 C型肝炎の感染経路は、輸血や医療機関での注射針の使い回し(予防接種)が以前は問題でしたが、
現在は殆ど皆無です。その代わりに刺青などの処置が問題になっています。
また一般的に、B型肝炎とは違ってC型肝炎による母子感染は無いとされていましたが、今回アメリカのCDCより発表がありました。


1) 最近では、妊婦のC型肝炎ウイルス陽性者が増加傾向である。
   2011~2015年にかけて、1人/368人中 から 1人/192人中 と98%の増加率

2) C型肝炎ウイルス血症の妊婦183人のうち、34%が新生児に検査を実施しました。

3) 4%が母子感染(垂直感染)との結論です。





私見)
 輸血などの問題も解消され、DAAと言った画期的なC型肝炎治療薬の到来で、今後、C型肝炎は無く
 なるものと期待されていましたが、アメリカでは若い人にC型肝炎が増加していると言った心配も浮上
 しています。
 母子感染は、少ないようで多い気もします。妊婦の肝炎検査は引き続き注意していく必要があります。





Increased Risk for Mother-to-Infant Transmission of Hepatitis C Virus Among .pdf






posted by 斎賀一 at 19:06| Comment(1) | 肝臓・肝炎
この記事へのコメント
帰りがけに「勉強しておきます…。」と先生がおっしゃった意味を後から考えたら勘違いして返事をしてしまったのではと…(^_^;)

私の更に勘違いでなければ、ブログに質問したことに対してだったのでしょうか?

あそこでとっさに、先生がやっている事に対してだと思ってしまって、とんちんかんな返事をしてしまった気がしまして…

ブログの方でしたら、すみません…(>_<)


Posted by at 2017年10月31日 00:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: