2017年06月15日

ステロイド誘発の骨粗鬆症

ステロイド誘発の骨粗鬆症

2017 American College of Rheumatology Guideline for the Prevention
and Treatment of Glucocorticoid-Induced Osteoporosis



0615.PNG




 アメリカの学会のACRよりステロイド誘発骨粗鬆症(GIO)に対するガイドラインが発表されました。
日本で3年前に発表されたものと、若干異なるようですので両者を掲載いたします。



 ACRのガイドラインを纏めてみますと

 1) 全ての年齢層に適応する。

 2) 基本的には、カルシウム及びビタミンDの摂取を奨励、禁煙、節酒、運動といったライフスタイルの
    改善

 3) 予防治療としては、男性及び非妊娠女性はビスフォスフォネイトが第一選択

 4) 4〜17歳の年齢層には、プレドニン換算で0.1mg/kg以上で3カ月以上の服用が予定されている
    場合に、経口ビスフォスフォネイトを使用

 5) 30歳以上の成人の場合にプレドニン換算で30mg/日で5g/年の服用の予定では、同時にビス
    フォスフォネイトを服用する。

 6) 骨折のリスクが低いと再評価されれば、ビスフォスフォネイトを中止する事も可能

 7) ビスフォスフォネイトの無効の場合や妊娠時に関しては省略いたします。
    (原文参照)




私見)
 ステロイドの長期使用による副作用の対策は、内科医の使命でもあります。
 ガイドラインを良く熟知しての対応が求められています。
 下記のアクセスは、治療導入に関するツールです。
  (日本でのガイドラインでは推奨していない様です。)
 下記に日本でのガイドライン及び、以前の雑誌の内容を抜粋しPDF化しました。



https://www.sheffield.ac.uk/FRAX/tool.jsp



Glucocorticoid-Induced Osteoporosis.pdf

日本のガイドライン.pdf

ステロイド性骨粗鬆症 10年ぶりにGL改訂.pdf

骨粗鬆症の予防と治療.pdf











posted by 斎賀一 at 14:04| Comment(0) | 整形外科・痛風・高尿酸血症
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: