2022年04月22日

ファイザーワクチンの4回目の接種 イスラエルの報告・その2

ファイザーワクチンの4回目の接種
イスラエルの報告・その2

Protection by a Fourth Dose of BNT162b2 against Omicron in Israel
[This article was published on April 5, 2022,at NEJM.org.]



40422.PNG


  
 4回目のファイザーワクチンの接種報告がイスラエルからありました。
雑誌NEJMに掲載されています。


1) イントロ
   2022年1月2日にイスラエルでは60歳以上、基礎疾患、医療従事者に対して3回目の
   接種から4か月経過後に4回目の接種を承認しました。
   3回目の接種との比較を、経時的に調べています。

2) 方法
   2022年1月10日(ワクチンキャンペーンの1月3日から1週間後)から2022年3月4日
   までの情報を調べています。
   新型コロナの感染は、PCR又は抗原検査で行っています。
   有症状、重症化は基準に載っています。研究期間中はオミクロン株が優位でした。
   統計はperson-dayの数を調べました。
   4回目接種群は、接種の8〜14日後から登録しています。
   コントロール群は、4回目の接種を希望しているが未だに接種できておらず、3回接種
   は済んでいて、内部対象群(Internal control)として、4回目の接種を3〜7日早く
   実施した人です。

3) 結果
   グラフが分かりやすいので、下記に掲載します。
   3回だけ接種の危険率を4回目と比較しています。
   赤棒が重症化で青の点が感染確認です。つまり多い方が4回目の接種の有効を示します。





         40422-2.PNG




         40422-3.PNG
  
  
   (重症化は観察期間が2週間のため、感染の確認期間より2週間短くなっています。)
   概略として、100,000人/日あたりの検査で確認された感染の症例数は、合計4回
   接種群で177例、3回接種群で361例、内部対照群で388例でした。


4)討論
  4回目接種での感染防除の効果は最大で4週間後には低下し、8週で1.1と減弱しています。
  しかし重症化リスクは6週間後でも減弱していません。






私見)
 オミクロン株においては、4回接種してもその感染予防効果は意外に早く減衰するかも
 しれません。
 しかし依然として重症化には効果があるので、4回接種の対象者は高齢者でしょうか?














posted by 斎賀一 at 22:00| ワクチン