2022年04月16日

心不全治療薬としての利尿薬・ループ利尿薬 ラシックス、ルプラック、ダイアート

心不全治療薬としての利尿薬・ループ利尿薬
ラシックス、ルプラック、ダイアート

<院内勉強会>

蔵書より紐解いてみました。


1) ラシックスは高血圧にも保険適用があり、腎機能を悪化させず大量投与もできる。
   ルプラックは利尿作用が強力で、抗アルドステロン作用もあり低カリウム血症を起こし
   にくい。
   ダイアートは作用が安定して作用時間も長く、交感神経・レニン−アンジオテンシン系の
   反動が少ないため、心不全の予後もよい。



        40416.PNG




  
2) ラシックス
   静注のワンショットで20mgを投与 (回数や量に上限はない。)
   経口は20mgからで上限はない。 日に分1〜2
   副作用として低カリウム血症、低ナトリウム血症、高尿酸血症、サルコペニア、
   急性肺水腫以外は漸増が一般的。
   高尿酸血症が8以上では注意が必要。



        40416-2.PNG

   


3) ルプラック
   作用時間が6〜8時間と、ゆっくり作用する点がメリット
   ラシックスが効果ない場合に変更すると、効果が出ることがある。
   経口での吸収は100%のため、ラシックスでは腸管浮腫で吸収が悪い場合も有効である。
   利尿の慌ただしさや低カリウム血症が気になるときに、ラシックスから変更する。
   


        40416-3.PNG




4) ダイアート
   作用発現は1時間で、持続時間は12時間と長い。
   ラシックスでは午前中に排尿が多くなるが、ダイアートはマイルドでゆったりと効いて
   くる。
   急性期にはラシックスで、安定してきたらダイアートに変更もあり。



        40416-4.PNG



    
5)まとめ
  以前の私のブログでNEJMの総説を掲載しましたが、再度目を通してください。



        40416-5.PNG



        40416-6.PNG



        40416-7.PNG
    


     

     

◆参考文献

 ・薬の比較と使い分け   羊土社
 ・循環器治療薬ファイル  メテ有力ル・サイエンス・インターナショナル
 ・循環器診療をスッキリまとめました   南江堂
 その他文献より (ごめんなさい)






利尿薬 文献より.pdf

利尿薬 ブログより.pdf











posted by 斎賀一 at 17:08| 循環器