2022年04月22日

ファイザーワクチンの4回目の接種 イスラエルの報告・その2

ファイザーワクチンの4回目の接種
イスラエルの報告・その2

Protection by a Fourth Dose of BNT162b2 against Omicron in Israel
[This article was published on April 5, 2022,at NEJM.org.]



40422.PNG


  
 4回目のファイザーワクチンの接種報告がイスラエルからありました。
雑誌NEJMに掲載されています。


1) イントロ
   2022年1月2日にイスラエルでは60歳以上、基礎疾患、医療従事者に対して3回目の
   接種から4か月経過後に4回目の接種を承認しました。
   3回目の接種との比較を、経時的に調べています。

2) 方法
   2022年1月10日(ワクチンキャンペーンの1月3日から1週間後)から2022年3月4日
   までの情報を調べています。
   新型コロナの感染は、PCR又は抗原検査で行っています。
   有症状、重症化は基準に載っています。研究期間中はオミクロン株が優位でした。
   統計はperson-dayの数を調べました。
   4回目接種群は、接種の8〜14日後から登録しています。
   コントロール群は、4回目の接種を希望しているが未だに接種できておらず、3回接種
   は済んでいて、内部対象群(Internal control)として、4回目の接種を3〜7日早く
   実施した人です。

3) 結果
   グラフが分かりやすいので、下記に掲載します。
   3回だけ接種の危険率を4回目と比較しています。
   赤棒が重症化で青の点が感染確認です。つまり多い方が4回目の接種の有効を示します。





         40422-2.PNG




         40422-3.PNG
  
  
   (重症化は観察期間が2週間のため、感染の確認期間より2週間短くなっています。)
   概略として、100,000人/日あたりの検査で確認された感染の症例数は、合計4回
   接種群で177例、3回接種群で361例、内部対照群で388例でした。


4)討論
  4回目接種での感染防除の効果は最大で4週間後には低下し、8週で1.1と減弱しています。
  しかし重症化リスクは6週間後でも減弱していません。






私見)
 オミクロン株においては、4回接種してもその感染予防効果は意外に早く減衰するかも
 しれません。
 しかし依然として重症化には効果があるので、4回接種の対象者は高齢者でしょうか?














posted by 斎賀一 at 22:00| ワクチン

2022年04月21日

ファイザーワクチンの4回目の接種 イスラエルからの報告・その1

ファイザーワクチンの4回目の接種
イスラエルからの報告・その1
 
Fourth Dose of BNT162b2 mRNA Covid-19 Vaccine in a Nationwide Setting
[This article was published on April 13,2022, at NEJM.org]



40421.PNG



 実験レベルと実地臨床でも、3回目の接種後10週の早い時点でそのワクチン効果は減弱傾向
と言われています。
オミクロン株の流行に伴い、早期に3回目のブスター接種を実施したイスラエル、英国、アメリカ
は数か月の間隔で4回目の追加接種を行っています。
イスラエルでは2022年1月3日に60歳以上又は免疫機能不全を対象に、3回目から早くても
4か月後に4回目の接種を承認しています。

 今回、雑誌NEJMより3回目と4回目の効果を比較した論文が掲載されています。


1) 方法
   イスラエル最大の医療組織で記録された 2022年1月3日〜2月18日のデータを解析して
   います。60歳以上における4回目接種の相対的な有効性を、4ヵ月以上前に行われた3回目
   接種の有効性と比較評価しました。

   ・60歳以上 ・コロナに罹患していない ・医療従事者でない ・4回目の接種を希望
   しているとの条件をを満たした654,601人を登録し、実際に4回目の接種をした
   182,122人と、4回目の接種を未だしていないコントロール群182,122人を対象に、
   1対1で比較検討しています。

2) 結果
   主要転帰は ・PCR検査にて確認の感染 ・新型コロナの有症状 ・新型コロナ関連の
   入院 ・新型コロナ関連の重症化 ・コロナ関連死です。
   観察期間は7〜30日間と14〜30日の二通りです。
   接種後、最初の7日間は症状があっても接種の副反応と考えて受診しない可能性があり、
   このバイアスを除くために14日目からの観察期間も設けています。
   4回目接種後7〜30日の時点での相対的なワクチン有効率は、PCR検査で確認された
   SARS-CoV-2感染の予防において  45%減少
   有症状のCovid-19の予防において  55%減少
   Covid-19関連入院の予防において  68%減少
   重症Covid-19の予防において  62%減少
   Covid-19関連死の予防において  74%減少と推定されました。
   4回目接種後14〜30日の時点でのそれぞれの推定値は、52%、61%、72%、64%、
   76%でした。
   4回目接種後7〜30日の時点での絶対リスクの差(3 回接種 対 4 回接種)は、
   Covid-19関連入院については、100,000人あたり180.1例、重症Covid-19について
   は100,000人あたり68.8例でした。
   (一部、日本版コピー)




        40421-2.PNG


  
  
3) 考察
   接種後7日間のバイアスも5〜6日で消失しています。
   対象者は殆どが3回接種が済んでいます。確かに本研究は観察期間が短く、今後も長期の
   観察が必要ですが、60歳以上においては少なくとも当初の効果はオミクロン株に対しても
   有効であることを証明しています。







私見)
 私の生命線である妻には、4回目の接種を強く勧めます。










posted by 斎賀一 at 13:26| ワクチン

2022年04月19日

無症状の濃厚接触者・2回抗原検査の活用法

無症状の濃厚接触者・2回抗原検査の活用法

Comparative Effectiveness of Single vs Repeated Rapid SARS-CoV-2 Antigen
Testing Among Asymptomatic Individuals in aWorkplace Setting



40419.PNG
 
 
  
 雑誌JAMAにニューヨークの企業従事者を対象にして、無症状の抗原検査の精度を検討した研究
が発表になっています。


1) 2020年11月27日から2021年10月21日までに、訓練をした担当者が鼻腔スワブで抗原
   検査を行っています。Quidel社とAbbott社製を使用しています。
   対象者は、新型コロナのいずれの症状も有していません。
   抗原検査が陽性の場合は、1時間以内に2回目の抗原検査を実施しています。
   確認としてPCR検査も行っています。

2) 参加者は179,127例、平均年齢36歳、男性58%です。
   1回目の陽性者は623例(0.35%)で、その内PCR検査で238例(38%)が真の陽性で
   385例(62%)が擬陽性でした。
   623例の内569例(91%)が、1時間以内に2回目の抗原検査を実施しました。
   1回目に陽性だった569例の中で、2回目の陽性は224例でPCRも陽性は207例です。
   精度は92%となります。
   1回目に陽性で2回目が陰性だった345例の内、328例(95%)がPCRでも陰性でした。

3) 結論
   2回の抗原検査が共に陽性の場合を、真の陽性とする本検査法の精度は94%でした。
   現在は家庭で1回の抗原検査が勧められていますが、2回行う本方法は有益かもしれ
   ません。






私見)
 本院の外来でも個人で抗原検査を行って来院される方が目立ちまじめています。
 実際は2回目の抗原検査を行うより、PCR検査に移行しています。
 ただし、職場での無症状の定期的な検査体制として1回目の抗原検査を行い、陽性者には
 2回目の抗原検査を続けて実施し、2回とも陽性なら自宅療養とし、症状があればPCR検査に
 移行するストラテジーは納得がいきます。






職場 抗原検査.pdf










posted by 斎賀一 at 19:39| 感染症・衛生