2021年10月26日

自宅での抗原検査の盲点

自宅での抗原検査の盲点

COVID-19 TestingMoves Out of the Clinic and Into the Home



31026.PNG



 薬局での新型コロナ抗原検査キットの販売が厚生省から認可されました。
ある自治体からは、子供への2セットの無料配布も実施されています。
未だ流行している英国の、雑誌JAMAより抗原検査の有効性とその注意点に関して、警告した
論説が載っていますので簡単に纏めてみました。


1) 英国において自宅での検査が開始され、ドラッグストアが活況を呈し、医療機関の
   受診も手控える傾向となっています。
   (本院でもコロナの収束傾向と相まって、発熱での受診も減少傾向です。)

2) アメリカではワクチン接種が一定の率から普及していません。
   社会全体の問題も含まれており、新型コロナの対策としてワクチン接種のみでは解決
   しない面が浮き彫りになっています。
   自宅での抗原検査を含めた診断は、その有効性が期待されています。

3) しかし抗原検査の精度(感度と特異度)に注意が必要です。
   PCR検査が抗原検査に勝ることは言うまでもありません。
   抗原検査の利点は安価で迅速であることです。また、変異株に対しても精度の低下は
   認められていません。

4) では、抗原検査の弱点は
   ・感染の初期と時間が経過した後期では、偽陰性となってしまいます。
   ・抗原検査はPCRに匹敵するとも言われているが、PCRテストのcycleが低値、つまり
    ウイルス量が多い時にはよく相関します。逆に言えばウイルス量が少ないと相反する
    結果となります。
   ・ある研究によると、18,457人が抗原検査とPCR検査を実施しています。
    17.1%がPCR検査で陽性でしたが、抗原検査はその半分しか陽性でありませんでした。
    またPCR陽性の1/3は、症状が進展しませんでした。
    アボット社の説明では抗原検査は75%の精度との事ですが、全て対象はウイルス
    ロード、つまり有症状のウイルスが多い人を対象にした結果です。
   ・アボット社のビデオによる指導では、家庭で患者が鼻腔の入り口で採取する方法に
    比べて、医療従事者が鼻咽頭の中まで挿入して採取する方が精度が高いことを指導
    しています。
    医療従事者が行うと精度は74%に対して、個人で鼻の入り口での採取だと精度は57%と
    低下しています。
   ・新型コロナに暴露して翌日に抗原検査を行っても陽性にはならないし、症状が出てから
    5日以上経過していると、PCRよりも偽陰性になる率が高まる。
   ・抗原検査が陽性ならまず間違いなくコロナと診断できるが、感度が低いため偽陰性が
    多い。このためイベント会場の入場に、この検査をパスポートとして利用するには
    いささか問題がある。
    症状がある場合には、抗原検査で陰性でもPCR検査を追加することが必要である。
    若しくは抗原検査を再度実施する。
   ・最近の報告では、アボット社の抗原検査は有症状の場合は精度が64.2%だが、無症状
    の場合は35.8%との報告

5) 抗原検査の利用価値は
   ・安価で迅速である。
   ・変異株に対しても精度は低下しない。
   ・劇場、イベント会場、スポーツ観戦などのオープン環境では、その効果は限定的である
    が、クローズド環境(閉鎖環境)例えば学校などでは、抗原検査を繰り返すことにより
    感染を予防できる。







私見)
 抗原検査の効果はかなり限定的と感じます。
 特に感染が収束状態では偽陰性も稀となり問題視されないかもしれません。

 今になって政府のコロナ対策は成功したのだとの論調が散見されます。
 そうでしょうか、検証することが大事です。
 当初の段階で、PCR検査も覚束なく保健所はパンク状態で、町医者は「コロナだったら
 ごめんね」状態が続き、PCR検査が開業医レベルで可能になっても発熱患者はどこを受診して
 いいか分からず状態です。
 地域に適応したPCR検査センターをなぜ未だに作らないのか。
 なぜ地域として取り組もうとしないのか。
 2年間、職員と共に闘い続けている老医としては、ダイヤモンド・プリンセス号の頃から進展
 していないように思われるのですが ...。





JAMA コロナ 自宅検査.pdf








posted by 斎賀一 at 20:08| Comment(0) | 感染症・衛生