2021年10月07日

食物アレルギー

食物アレルギー

Management of Pediatric Food Allergies Evolving



1007.PNG



 乳幼児の食物アレルギーに関しては、栗原和幸先生の「食べて治す食物アレルギー」に則って、
本院ながらのバリエーションを、職員と共に作成し、実施しています。
本方法は、一部に批判的な見解もありますが、今回medscapeの報道では、本院の方法を後押しして
いる感があり、勇気づけられました。
アトピー性皮膚炎との関連のガイドラインも紹介していますが、下記にPDFを載せます。



 •  アレルギーを起こす食物を完全に除去する考えから、徐々に解除していく方法が主流です。

 •  アトピー性皮膚炎の乳幼児の20~30%が食物アレルギーを有しており、
    牛乳アレルギーのある乳幼児の90%が皮膚のトラブルを引き起こします。

 •  乳児に食物アレルギーがあるからと言って、母親が授乳する際にその食物を避ける必要は
    ありません。そのアレルゲンが母乳に移行することは、まずありません。

 •  アトピー性皮膚炎を引き起こす食品を、除去する以外に方法がないこともありますが、
    逆に除去することにより、アトピー性皮膚炎が増悪する事あります。
    アトピー性皮膚炎と、食物アレルギーが関係ない場合もあり、不必要な除去を続けている
    場合もあります。
    アトピー性皮膚炎は、短期間で増悪します。

 •  アトピー性皮膚炎のために、アレルギー食物の除去をするメリットと、除去することにより、
    アナフィラキシー反応を後回しにしているリスクもあり、ジレンマとなる。

 •  可能なら、乳幼児のアレルギーの耐性を獲得すべきブスターを、徐々に行うことが勧められる。
    少量のミルクやヨーグルトを使用したり、Mold-free dietも選択肢です。
    (カビ関連の病気は、症状が最初はあいまいで、無関係に見えるので、診断と治療が、
    特に困難になる可能性があります。症状は、咳や喘鳴から慢性頭痛、持続的な発疹まで
    さまざまです。今後、私としても勉強してみます。)


下記のガイドラインを抜粋しますと


 ・  ミルクアレルギーがアトピー性皮膚炎と関連があると診断したら、8週間は除去を試みてください。
    その際に、代替として大豆も可能です。

 ・  授乳中の母親も除去食を行うかは、十分なコンサルトが必要です。

 ・  乳児のアトピー性皮膚炎の原因としては、色々な因子が考えられているが、
    食物アレルギーが関与していると診断できれば、早期の介入がアレルギーの進展を防げます。
    (アレルギー・マーチ)



私見)
 食物アレルギーは自然治癒もあれば、一生負荷が係るものもあり、生命を脅かすアナフィラキシー
反応も心配しなくてはなりません。
早期の介入も勧められています。十分なエビデンスに基づいてまいります。




本論文.pdf

Atopic eczema in under 12s_ diagnosis and management.pdf







posted by 斎賀一 at 13:14| Comment(0) | 小児科