2021年10月01日

小児の新型コロナワクチン接種

小児の新型コロナワクチン接種

Parents’ Intentions and Perceptions About COVID-19
Vaccination For Their Children



31001.PNG
 
      

 アメリカにおいて、小児の新型コロナ接種に関する保護者のアンケートが雑誌PEDIATRICSに掲載
されています。


1) 2021年2月から2021年3月に調査は行われています。
   1,745人の保護者(3,759人の子供たち)が対象です。

2) アンケートの結果は
    ワクチンを接種するのに積極的な保護者は 28%
    どちらかと言えば接種を希望する 18%
   あまり積極的でない 9%
    接種しない 33%    
   わからない 12%





          31001-2.PNG



        (やはり、お子さんが小さいほど保護者は接種に慎重です。)



3) ワクチン接種を判断する基準は、掛かりつけ医に相談が一番との結果です。
   情報源は信頼できる機関がアメリカでは多く、しかもアクセスが簡便です。
   (日本では厚労省のホームページ、学会、信頼されるネットがありますが、やや具体性に欠け、
    寄り添っていない感があるのは町医者の僻みでしょうか?)





          31001-3.PNG



          31001-4.PNG





   
    

私見)
 12歳までのワクチン接種が進んでいます。私のブログをご参照ください。
 下記に日本小児科学会のQ&Aと、NHKの情報も掲載しますのでご参照ください。
 それにしましても、掛かりつけ医の情報提供が重要との結果です。
 信頼される文献を日々入手することが求められています。








本論文.pdf

1 コロナワクチン 小児学会.pdf

2 ワクチン 子供 NHK.pdf










posted by 斎賀一 at 19:24| Comment(0) | 小児科