2021年09月15日

潜在性甲状腺機能低下症の症状と治療

潜在性甲状腺機能低下症の症状と治療
 
Does Subclinical Hypothyroidism Add Any Symptoms?
Evidence from a Danish Population-Based Study



30915.PNG

  

 潜在性甲状腺機能低下症とは、甲状腺刺激ホルモン(TSH)が高値ですが甲状腺ホルモン(free-T4)
が正常の場合です。
多くが橋本病です。意外に患者さんは多く、本院でも症状から検査をして診断に至りますが、甲状腺エコーの所見から鑑別診断をすることがあります。
 症状から診断・治療を行ってはならないとするデンマークからの論文が出ていましたので、纏めてみま
した。


1) 1997年から2005年までに8,903人の登録をしています。
   潜在性甲状腺機能低下症の群376人、甲状腺機能正常のコントロール群7,619人です。
   以前の研究から、関連症状を次の13項目にしています。
   倦怠感、乾燥肌、気分のむら、便秘、動悸、落ち着きのなさ、息切れ、喘鳴、咽頭不快感、嚥下困難、
   脱毛、めまい、及び頸部痛です。

2) 結果は、顕性甲状腺機能低下症の症状のスコアを用いて調べますと、潜在性甲状腺機能低下症群と
   甲状腺機能正常のコントロール群の差はありませんでした。
   ただし潜在性甲状腺機能低下症群では合併症が多く、そのために倦怠感、息切れ、喘鳴が多い傾向
   でした。TSH値との症状の関連性もありませんでした。
   若い人で精神的側面の倦怠感、落ち着きのなさ、不安定感が多く認められました。
   息切れは肥満、喫煙との関連性がありました。

3) 結論として、潜在性甲状腺機能低下症だからといって特別な症状はないようです。
   従って症状の緩和のためにチラーヂンS(甲状腺ホルモン剤)を処方するのでなく、むしろその症状
   の鑑別診断を優先すべきとしています。





          30915-2.PNG






  
私見)
 甲状腺機能低下症の場合には、症状の軽減のための処方は意味がなさそうです。
 十分な鑑別と経過観察が必要です。






甲状腺機能低下症.pdf










posted by 斎賀一 at 19:47| Comment(0) | 甲状腺・副甲状腺

2021年09月13日

降圧剤は少量多剤併用が有効

降圧剤は少量多剤併用が有効

Initial treatment with a single pill containing quadruple combination of quarter doses of  blood
pressure medicines versus standard dose monotherapy in patients with hypertension (QUARTET)



30913.PNG



 日本のガイドラインでも少量単剤から始まり、次のステップは少量の2剤から3剤の併用療法が基本
です。
今回の雑誌LANCETのオーストラリアからの報告では、最初から4剤併用が有効との大胆な提言です。


QUARTET研究を纏めてみますと

1) 18歳以上の高血圧患者を対象にしています。
   2017年6月8日から2020年8月31日まで743人を登録して、最終的には591人を対象に調べて
   います。
   300人が最初から4剤併用群(イルベサルタン37.5mg、アムロジピン1.25mg、降圧利尿薬、
   βブロッカーのメインテート2.5mg)で、291人が単剤群(イルベサルタン150mg;本院では
   イルベタン、アバプロ)です。
   血圧のコントロールが不十分な場合は、両群ともアムロジピンを5mg追加しています。

2) 結果は3か月後で、4剤併用群は単剤群に比べて6.9mmHg低下して、12か月後では7.7mmHg
   低下していました。
   血圧コントロールも4剤併用群では81%で、単剤群は62%とアムロジピンの追加を必要として
   いませんでした。
   薬の副作用(忍容性)は4剤併用群で3%、単剤群は1%でした。





   

私見)
 日本のガイドラインより、多剤併用のそれぞれの薬用量が少なくセッティングされています。
 そうは言っても、日本では最初から併用療法は馴染めませんが、参考になる文献です。







本論文.pdf









posted by 斎賀一 at 20:27| Comment(2) | 循環器

2021年09月10日

糖尿病治療薬のSGLT-2阻害薬が心不全に効果  ジャディアンスが軽症心不全HFpEFに有効  

糖尿病治療薬のSGLT-2阻害薬が心不全に効果
ジャディアンスが軽症心不全HFpEFに有効
 
Empagliflozin in Heart Failure with a Preserved Ejection Fraction
This article was published on August 27,2021, at NEJM.org.



30910.PNG




 糖尿病治療薬のSGLT-2阻害薬が糖尿病のない心不全患者にも有効であることは、以前の私のブログでも紹介しました。
今回は軽症の心不全であるHFpEFにも効果があるという大規模研究が、雑誌NEJMに掲載されて
います。

 HFpEFとは、簡単に言えば心不全の血液検査BNPが異常でも、心エコーでは駆出率が正常な心不全
です。(簡便にE波とA波の比較も参考としています。)
HFpEFの治療にはアルダクトンA、ARB、利尿剤などが試みられましたが、全て無効でした。
本院でもHFpEFは経過観察としていました。
 最近ではフォシーガが心不全に有効との報告があり、私のブログでも紹介しています。


本論文を纏めてみますと

1) 心不全症状がNYHA分類のU〜W度で心駆出率が40以上のHFpEF患者5,988人を登録して
   います。ジャディアンス服用群とプラセボ群に振り分けています。
   主要転帰は心血管疾患による死亡と心不全の入院です。

2) 経過観察期間は26.2月以上です。
   主要転帰をみますと、ジャディアンス服用群で415人/2,997人(13.8%)発生しています。
   プラセボ群では511/2,991人(17.1%)です。  
   危険率は0.79。  その効果は、糖尿病の有無に関係がありませんでした。
   入院だけを見ても、ジャディアンス服用群407人に対して、プラセボ群は541人で危険率は
   0.73でした。
   副作用として、ジャディアンス服用群で尿路感染症、血圧低下がありました。

3) 結論的には、ジャディアンス服用群は心血管疾患の死亡率を21%減少し、心不全の入院率を29%
   減少させています。しかも糖尿病の有無は関係ありませんでした。
   また、ジャディアンス服用群の効果は、駆出率が低下している心不全(HFrEF)に於いても、同様
   の効果を示していました。
   更にサブグループとして駆出率が50〜60%と60%以上でも、入院率の危険率は1以下でした。






         30910-2.PNG

 
           対象は当然ながらclass TとUが殆どです。





         30910-3.PNG



         30910-4.PNG


           駆出率が50以上でも効果ありです。



        30910-5.PNG


   
私見)
 軽症心不全でNYHAUかBNPが上昇傾向なら、SGLT-2阻害薬の適応でしょうか。
 エコーで下大静脈が2.0cm以上の場合は、少量の利尿薬を追加も選択肢と思います。







SGLT2阻害薬一覧.pdf










posted by 斎賀一 at 19:29| Comment(1) | 循環器