2021年07月30日

心不全におけるpro-BNP検査の有用性

 
心不全におけるpro-BNP検査の有用性

   
NT-proBNP for Risk Prediction in Heart Failure: Identification
of Optimal Cutoffs Across Body Mass Index Categories




 私の若いころは、心不全の診断に苦労しました。
現代は血液検査と心エコーにより早期に、しかも迅速に診断できるようになっています。
もちろんピットホールはありますが、隔世の感がします。

 心不全の診断に血液検査のBNPと、NT-proBNPがあります。採血管が1つでよい事から
本院ではNT-proBNPを汎用していますが、迅速診断ではセキスイのBNPを使用しています。
BNPとNT-proBNPの相互関係は、下記のPDFを参照ください。
 

 今回雑誌JACCより、NT-proBNPの生命予後に関する論文が出ています。


 5年後の心臓血管疾患と、生命予後を調べています。
 
 外来の安定した心不全患者のデータ(BIOS)から12,763人(平均年齢66歳)を対象に、
 体重(BMIによる最適なNT-proBNPのカットオフ値を解析しました。
 登録患者の平均の駆出率は33%です。結果のカットオフ値を下記に示します。


・低体重(BMI;18.5以下)    205人     3785ng/L

・正常体重(BMI;18.5〜24.9)  4,299人 2193 ng/L

・体重増(BMI;25〜29.9)    5,176人 1554 ng/L

・軽度肥満(BMI;30〜34.9)   2,157人 1045 ng/L

・中度肥満(BMI;35〜39.9)   612人 755 ng/L

・高度肥満(BMI;40以上)    314人 879 ng/L



         30730.PNG




私見)
 心不全の診断にBNPは欠かせませんが、生命予後のリスク評価にも有効との論文です。
体重が正常ならproBNPが2000以下に推移していれば心不全の治療を主体で良いかもしれませんが、
心不全症状が安定していても、肥満傾向の人でproBNPが1000以上ならダイエットを含めた体重管理も必要となりそうです。







本論文.pdf

院内資料1.pdf

院内資料2.pdf

ブログ1.pdf

ブログ2.pdf

ブログ3.pdf

ブログ4.pdf

ブログ5.pdf


















posted by 斎賀一 at 13:16| Comment(0) | 循環器