2021年07月27日

感染後のワクチン接種;ハイブリッド

感染後のワクチン接種;ハイブリッド
 
Hybrid immunity
   COVID-19 vaccine responses provide insights
into how the immune system perceives threats



30727.PNG



 新型コロナに感染後の免疫(natural immunity)は、その後のワクチン接種の免疫(vaccine-generated immunity)によって補填されるとの報告があり、本院でも既に新型コロナに感染した人にもワクチンを1回は接種するように勧めてきました。
 今回、既感染者も2回接種することでさらに免疫を増強し、変異株にも有効との論文が掲載されていますのでブログします。


1) 獲得免疫には3パターンあります。
   Bリンパ球が造る抗体、Tリンパ球のCD4とCD8の3種類です。
   CD4とCD8は一般的には細胞免疫と言われており、その効果は少なくとも8か月は持続すると
   言われています。
   一方でB細胞が司る抗体、つまり液性免疫は徐々に低下して1年以内に消失してしまいます。

2) 研究によると、natural immunityは93〜100%も7〜8か月持続すると報告されています。
   しかし変異ウイルスに関してはやや低下しており、デルタ株では明白ではありません。
   ワクチンによる効果(vaccine-generated immunity)は最初の報告によりますと、デルタ株に
   対してもその有効性はあるとされています。

3) natural immunityとvaccine-generated immunityを組み合わせたhybrid immunityは
   一層の免疫を獲得するとの報告が今までにされています。
   つまりhybrid immunityはB細胞とT細胞の協同作用です。 (下記に紹介)
   B細胞が変異ウイルスに対しても認識するのは本質的に困難ではありません。
   ベータ株(南アフリカ株)以外の新型コロナに感染した人が、その後ワクチン接種をすることにより
   新たにベータ株に感染してもnatural immunityの場合の100倍も抗体を産生しています。
   なぜhybrid immunityで抗体が上昇したのでしょうか。
   液性免疫を司るB細胞も、記憶B細胞に分化し変異ウイルスに備えます。
   vaccine-generated immunityにより高品質な記憶B細胞が分化形成されると推測されます。
   そして分化した記憶B細胞に対してT細胞も対応します。
   リンパ組織の胚中心(germinal center)でその反応は起こります。
   hybrid immunityの場合に顕著に認められるのはB細胞による液性免疫ですが、その陰で記憶
   T細胞も分化しています。

4) 子供のころに水痘に罹患した人がその後に帯状疱疹の予防のためのワクチンのShingrixを接種
   すると抗体が更に高められることと似ています。
   アストラゼネカのワクチンの後にファイザーのワクチンを接種すると、ブスター効果が高められる
   のもこのためと推測しています。
   hybrid immunityは変異ウイルスの時代に光明を与えるかもしれません。






私見)
  すでに新型コロナに罹患した人には、ファイザーのワクチンを1回接種するよう勧めてきました。
  既感染者は2回目の接種で副反応が強いとの報告もあるため慎重を期していましたが、変異株の状況
  変化により本院も原則としてコンサルトをし、ご納得の上で2回接種を勧めて参ります。
  免疫については以前の私のブログをご参照ください。






本論文.pdf

Science Journals − AAAS 1.pdf

Science Journals − AAAS 2.pdf

ブログa.pdf

ブログb.pdf















posted by 斎賀一 at 21:52| Comment(2) | 感染症・衛生