2021年06月22日

インド変異株とワクチン・その2

インド変異株とワクチン・その2
  
SARS-CoV-2 Delta VOC in Scotland:demographics, risk
of hospital admission, and vaccine effectiveness



30622.PNG
 

     

 現在、スコットランドでは従来流行していたB.1.1.7(アルファ、S遺伝⼦陰性)からインド変異株のB 1.617.2(デルタ、S遺伝⼦陽性)が優勢株として、急速に入れ替わっているとの事です。
S遺伝⼦陽性ならば、まずインド株と断定してよいようです。
このS遺伝⼦陽性の株つまりインド株の入院率と、ワクチンの有効率を調べた報告書(Correspondence)が雑誌Lancetに掲載されています。

・入院者の定義は、新型コロナの診断を受けて14日以内又は入院後2日以内に診断された人です。
 入院3日以降での診断は院内感染の可能性もあり除外されています。
・新型コロナ感染者は19,543人で、その中の377人が入院しています。
 S遺伝⼦陽性の感染は7,723人(39.5%)で、入院は134人(35.5%)でした。
 S遺伝⼦陽性の感染の70%がワクチンを受けていませんでした。
 なお、ワクチンはファイザーとアストロゼネカです。
・S遺伝⼦陰性と比較してS遺伝⼦陽性では、入院のリスクが1.85と高い結果です。
・入院率をワクチンを接種していない⼈と⽐較しますと、2回目接種から少なくとも14⽇後では、ファイザー
 ワクチンは非常に優れた予防効果を⽰しました。
 S遺伝⼦陰性例で92%、S 遺伝⼦陽性例で79%(75-82)でした。
 ⼀⽅アストロゼネカワクチンによる予防は、やや低下していました。
 S遺伝⼦陰性例で73%、S遺伝⼦陽性例では60%でした。





私見)
 現在、進行中のワクチンはファイザーとモデルナですが、2回接種によって入院率はインド株でも80%は
 予防できそうです。
 報道によりますと、イングランド公衆衛生庁(PHE)が、14日付のプレスリリースで、2021年4月12日
 〜6月4日の間に「デルタ株」感染が確認された1万4,019例を対象に分析を実施。
 その結果、2回接種で入院治療を回避できる有効性は、ファイザー社のワクチンが96%、アストラゼネカ
 社のワクチンが92%であり、いわゆる英国型の変異株「アルファ株」に対する有効性と同等だったとして
 います。







2 原文.pdf

2 supple.pdf









posted by 斎賀一 at 11:42| Comment(1) | 感染症・衛生