2021年06月03日

新型コロナ症状は小児の場合は典型的でない

新型コロナ症状は小児の場合は典型的でない
 
A retrospective cohort study of 12,306 pediatric COVID‑19
patients in the United States



30603.PNG




 アメリカからの報告です。

新型コロナと診断された12,306人の小児患者を解析しています。

・呼吸器症状は16.5%
・消化器症状(吐き気、嘔吐、下痢、腹痛)は13.9%
・発疹などの皮膚症状が8.1%
・頭痛などの神経症状が4.8%
・その他(筋肉痛、関節痛、倦怠感)が18.8%


発熱だけの診断でスクリーニングをしては誤診に繋がります。
発熱は各年齢層で様相が異なる感じです。下記のグラフをご参照ください。
なんと半数以下は発熱がありません。
672人(5.5%)が入院しています。
入院の中で118人(17.6%)が集中治療室で、38人(4.1%)が人工呼吸器を必要としていました。
小児の場合は診断基準を下げなくてはなりません。




                  30603-2.PNG



          30603-3.PNG




  

私見)
 変異株は若年者に感染しています。
 今までの戦略が通用しなくなることも危惧されます。







A retrospective cohort study of 12,306 pediatric COVID-19 patients in the United States.pdf










posted by 斎賀一 at 16:39| Comment(0) | 感染症・衛生