2021年06月01日

アストラゼネカのワクチンと血栓症

アストラゼネカのワクチンと血栓症

ChAdOx1-S in Denmark and Norway: population based cohort study
 


30601.PNG


         
 アストラゼネカのワクチンも承認されました。
しかし海外で血栓症の副作用報告があり、日本では公的に使用しないとの事です。
意味不明の対応ですが、雑誌BMJより論文が掲載されていますのでブログします。
以前の私のブログもご参照ください。


1) 欧州医薬品庁の声明によると、2021年3月10日までに当時のヨーロッパでアストラゼネカのワクチン
   を接種された500万人のうち、主に静脈血栓塞栓症の30例が報告されました。
   その後の欧州医薬品庁の声明では、血栓症の頻度は自然発生とそれほど差はないとしていますが、
   報告は過少評価の可能性もあります。

2) 2021年2月から2021年3月までに、デンマークとノルウェーで実施されたアストラゼネカのワクチン
   接種者282,572人の解析をしています。





          30601-2.PNG 




   動脈性の血栓症は自然発生率と差はありませんが、明らかに静脈性の血栓症は多い傾向です。
   静脈性血栓塞栓イベントは、ワクチン接種10万回当たり11件(5.6-17.0)の超過イベントに
   相当します。脳静脈血栓症の発生率は、ワクチン接種10万回当たり2.5件(0.9-5.2)の超過
   イベントでした。ワクチン接種群の15例が死亡し、一般集団の予想死亡者数は44例でした。

   纏めてみますと

   ・静脈性の血栓症は2倍の危険率
   ・脳静脈血栓症は20倍の危険率
   ・稀な部位に静脈性の血栓症が発生
   ・重篤な血小板減少症が接種の5~24日後に発生
   ・副反応は50歳以下の女性に多い

3) 結論
   アストラゼネカのワクチンは70%の有効率があります。
   リスクよりその効果の方がはるかに勝ります。
   流行の推移、地域性、接種の汎用性、そして社会と個人の問題を含めてその活用が求められて
   います。







私見)
 日本ではファイザーのワクチンが大量に手に入りました。インセンティブなどあらゆる手段をかけて
 政府は実地医家にストレスをかけています。
 ワクチン確保の担保の意味で、アストロゼネカとも契約したと思います。
 余り始めたワクチンは、世界のワクチン格差の解消に使われるのは仕方がないかもしれません。
 国内のワクチン格差を生じないよう、我々は努力しなくてはいけない段階です。







Arterial events, venous thromboembolism, thrombocytopenia, and bleeding after vaccination with Oxford-AstraZeneca ChAdOx1-S in Denmark and Norway_ population based cohort study.pdf









posted by 斎賀一 at 19:10| Comment(2) | ワクチン