2021年04月23日

軽症の場合でも新型コロナ症状は8か月続く

軽症の場合でも新型コロナ症状は8か月続く
 
Symptoms and Functional Impairment Assessed
8 Months After Mild COVID-19 Among Health Care Workers



30423.PNG



  新型コロナの後遺症が報道されていますが、医療従事者を対象に軽症の場合でもコロナ関連の
症状が長期にわたり持続することが、雑誌JAMAに掲載されています。


1) 新型コロナで入院した人の約80%に、その後も症状が数か月間持続するとの報告があります。
   スウェーデンの医療従事者を対象に、2020年4月15日から2020年5月8日までの期間調べて
   います。
   抗体検査の関係で当初より2,000人程度に制限して始めています。
   血液検査はIgGを4か月ごとに調べています。症状が重症で抗体が陽性の人と、最初は抗体が
   陰性で調査期間中に陽性になった人は除外しています。
   軽症で抗体陽性の323人(平均年齢43歳)と、コントロール群として期間中に抗体検査が陰性の
   1,072人(平均年齢47歳)を比較しています。

2) 聞き取り調査は、主にスマホにて行っています。 
   発熱、頭痛、嗅覚障害、味覚障害、咳、倦怠感、感冒症状、腹痛、咽頭痛、息切れ等を調べて
   います。
   調査は2か月、4か月、8か月としていますが、最終の8か月では23項目を調べています。
    (下記のsuppleを参照ください)

3) 結果はグラフで表示します。




          30423-2.PNG

          30423-3.PNG

          30423-4.PNG
   
   
          8か月後も何らかの症状が15%近く持続します。




          30423-5.PNG

   
          仕事においても15%程度支障が生じています。






私見)
 新型コロナは、インフルエンザとかなり異なります。






8 Months After Mild COVID-19.pdf

JAMA supple.pdf











posted by 斎賀一 at 18:08| Comment(1) | 感染症・衛生