2021年04月05日

新型コロナワクチンの注射部位 肩峰とは

新型コロナワクチンの注射部位 肩峰とは

 <業務連絡用>



 従来の指導では、新型コロナワクチンの注射は筋肉注射で、肩の三角筋となっています。
肩峰より3横指下を推奨していますが、その肩峰がどこなのか不確かです。




          30405.PNG



  
肩峰は帯状を呈していて突起ではありません。上の図で示している突起の様に記載されている肩峰は、
鎖骨の肩峰端ではないかと思います。




          30405-2.PNG


    
また実際の肩峰の突起はやや後方にある肩峰角です。
肩峰とははっきり体表から触れる突起ではありません。
つまり体表から触れる突起は、後ろ過ぎる肩峰角か上過ぎる肩峰端です。




          30405-3.PNG





  
今回プライマリー学会より筋肉注射の改定がなされ、それに則て厚労省からも推奨版が掲載されて
います。




          30405-4.PNG



   
この方法ですと、肩峰の位置がやや曖昧でも構いません。下記に動画のアクセスを掲載します。
ダイジェスト版の厚労省の動画も同時に掲載しますが、職員の皆さんは両方を見てください。
また動画をPDFに纏めて下記に掲載しましたので、実施においては繰り返し確認してください。



https://www.youtube.com/watch?v=TwoMs0BjIdk

https://www.youtube.com/watch?v=tA96CA6fJv8



 尚、肩峰について詳しく述べている動画も掲載します。この動画によって肩峰の同定ができます。




HYPERLINK "https://www.youtube.com/watch?v=iNPhH810Ny4"com/watch?v=iNPhH810Ny4






私見)
 名は体を表すといいますが、肩峰という峰はありません。
 丘のようなもので、肩丘と言いたい気がします。







ワクチン接種部位.pdf


















posted by 斎賀一 at 18:59| Comment(1) | 感染症・衛生