2021年03月09日

脂肪肝のエコー像・ケアネットより

脂肪肝のエコー像・ケアネットより

 *小川 眞広 先生   日本大学病院 消化器内科科長 超音波室室長


 最近の患者さんで、鑑別を要した脂肪肝所見がありましたので、ケアネットで勉強しました。
纏めてみます。



1) 脂肪肝の所見は
   ・深部方向の減衰増強  ・brightnessの上昇 
   ・脈管の不明瞭化; 脂肪により血管壁の圧排
   ・肝腎コントラストの上昇; 腎には脂肪が沈着しないため

2) 組織的に、脂肪滴には大小があり混在しているため、内部エコー像も多彩となる。
   必ずしも均一でない。

3) 肝の下に腎をスッポリと置いてのエコー像は減衰を増強してしまい、肝腎コントラストの評価には
   不適

4) 皮下脂肪が多い人はすでに減衰してしまうので、プローベを圧迫する必要がある。

5) 脂肪非沈着部が腫瘍様に見えることがある。
   全体が脂肪の沈着した脂肪肝で、低エコー部位が脂肪の沈着のない正常部位です。




         30309.PNG







6) まだら脂肪肝



          30309-2.PNG


   低エコー部位が正常です。
   一見左の図は正常部分が区域性の腫瘍のようですし、右の図では転移巣のように見られます。
   鑑別を要します。






          30309-3.PNG



鑑別のポイントは
・内部の脈管走行が正常か 
・スペックルパターンが正常かを見る。
 (肝臓は豆腐と同様に実質性パターンを示す。小さな斑点状の輝点それぞれが肝組織に対応している
  わけではない。超音波が作り出すパターンであり、これを超音波用語でスペックルパターンという。
  肝硬変では、スペックルパターンが粗雑になる; ネットより)





7) NASH(非アルコール性脂肪肝) 



          30309-4.PNG


   組織診断だけでは、非アルコールとアルコール肝障害は鑑別できない。
   飲酒歴の確認が重要




8) アルコール性肝硬変ではbrightnessが低下して、深部減衰も認められなくなる。






私見)
 ケアネットの前身がスカパーで放送していた頃は、ビデオデッキに録画してそれをソニーのプリンターで
 プリントアウトしていましたが、最近ではスマホからパソコンに保管しています。
 私は放送開始からの愛好者です。そんなわけで多少の私の過ちは見逃してください。

 たった一つのツールでの診断には慎重さが大事です。
 何事も決め言葉は避けたいものです。











posted by 斎賀一 at 19:43| Comment(1) | 肝臓・肝炎