2021年02月03日

発作性心房細動に対するクライオアブレーションの効果 その1

発作性心房細動に対するクライオアブレーションの効果 その1
 
Cryoballoon Ablation as Initial Therapy for Atrial Fibrillation
n engl j med 384;4 nejm.org January 28, 2021



30203.PNG



 心房細動に対するカテーテルアブレーションは、高周波を熱源とするカテーテルアブレーションが主流
でしたが、近年はバルーンカテーテルによる肺静脈隔離法が出現し、現在はバルーンアブレーションと
してクライオバルーン、ホットバルーン、レーザーバルーンの3 種類が使用できるようになっています。

 雑誌NEJMに、クライオアブレーション(冷凍焼灼術)に関する論文が2つ掲載されていましたので、
ブログします。


1) 以前から症状のある発作性心房細動に対しては、薬物療法よりもカテーテルアブレーションの方が
   心房細動の再発予防に有効との報告がありました。
   しかも早期でのアブレーション導入が、その後の持続性心房細動の進展予防に繋がるとも言われて
   います。
   しかし、従来のカテーテルアブレーションでは再発率が高く、安全性の面でも問題がありました。
   今回は、発作性心房細動に対するクライオアブレーションの効果と安全性に関しての研究です。

2) 対象は、リズムコントロール療法歴のない 18〜80 歳の発作性⼼房細動患者です。
   除外基準は以前に抗不整脈薬で治療した人、左房が5cm以上拡大している人、アブレーションの
   既往がある人です。
   抗不整脈薬(クラス I またはIII)の投与群と、クライオバルーンによる肺静脈隔離術を施⾏する群に
   1:1 の割合で無作為に振り分けています。
   ・不整脈のモニタリングとしては、ベースラインで 1、3、6、12ヵ⽉の時点における⼼電図、
   ・3〜12ヵ⽉目で、毎週および症状発現時に電話モニタリング、
   ・6ヵ⽉および 12ヵ⽉の時点における ホルター心電図(24 時間⼼電図)などを行っています。
   主要有効性エンドポイントは、治療の成功(最初の⼿技の失敗がなく、⼿技後の回復と薬剤の
   ⽤量調節が認めらている 90 ⽇間のブランキング期間後に⼼房性不整脈の再発もないこと)と定義
   しています。
   主要安全性エンドポイントはアブレーション群でのみ評価し、⼿技関連、クライオバルーンシステム
   関連の、いくつかの重篤な有害事象の複合としています。
   具体的には、施行後30日以内の症状を有する心外膜液、および12か月以内の肺静脈狭窄、
   食道穿孔、一過性脳虚血発作、脳卒中、心筋梗塞、および7日以内の大出血です。

3) 無作為に治療された 203 例のうち、104 例がアブレーション、99 例が最初に薬物療法を受け
   ました。
   主要有効性エンドポイントは、アブレーション群では患者の 97%で最初の⼿技が成功しています。
   12ヵ⽉の時点で治療が成功している患者の割合は、アブレーション群 74.6%、 
   薬物療法群 45.0%の成功率です。
   主要安全性エンドポイントイベントが、アブレーション群で 2 件発⽣しています。
   重篤な副作用は(生命の危険性、24時間以上の入院を要する、後遺症の危惧など)
   アブレーション群で14%、薬物療法群でも14%でした。

4) 考察
   主要安全性エンドポイントイベントは、アブレーション群で1.9%出現しています。
   薬物療法群の患者の3分の1は、その後薬物関連の副作用または不整脈を再発し、結果として
   アブレーションを受けました。
   早期のアブレーションが、持続性心房細動への予防に繋がります。
   つまり、本研究の登録患者は左心房拡張がなく発作性心房細動発生後約1.3年と、早期での介入が
   特色です。

5) 結論として、初回治療としてのクライオバルーンアブレーションは、発作性⼼房細動患者の⼼房性
   不整脈の再発予防において、薬物療法よりも優れていた。
   ⼿技に関連する重篤な有害事象の頻度は低かった。
    (一部、日本版参照)




         30203-2.PNG





  
私見)
 最近では発作性心房細動も、早期での治療介入が進んでいるようです。
 グラフなどは下記のPDFをご参照ください。
 以前の私のブログもご参照ください。







1 発作性心房細動 本論文.pdf

2 新時代.pdf

3 アブレーション最近の.pdf

4 横浜.pdf
















posted by 斎賀一 at 19:24| Comment(0) | 循環器