2020年12月15日

新型コロナワクチンの副作用の報告その1・看護学者より

新型コロナワクチンの副作用の報告その1・看護学者より
 
A Nursing Researcher’s Experience in a COVID-19 Vaccine Trial



21215.PNG


        
 ファイザーの新型コロナワクチンの第3相臨床試験に、ボランティアとして参加したカルフォルニア在住の看護学者Choi氏が、2回目の接種後に複数の激しい副反応が出現しています。
その内容を雑誌JAMAに報告し、今後の対応策を提言しています。
Medscapeに論評を含めて紹介していますので、それを中心にブログしてみます。


1) Choi氏はボランティアとして、ファイザーのワクチン接種を受けています。
   接種はブラインドで行われていますので、本物のワクチンとプラシーボ(偽薬)のどちらを接種された
   かは本人は分かりません。
   8月の一回目の接種の時は特に症状はなかったようです。
   9月の2回目の接種後より症状が出現しています。接種後直ぐに注射部位に疼痛が出現し、夜になる
   と頭痛、悪寒、吐き気を伴います。夜中に何度も症状の悪化で目覚めました。注射した腕は殆ど
   動かすことが出来ませんでした。
   熟睡出来ず朝方には体温が40.5度に上がっていました。一日過ぎた翌朝には症状はすべて軽快
   し、注射部位だけが腫れていました。
   接種はブラインドで行われましたが、Choi氏は間違いなくワクチンを接種されたと考えています。
   Choi氏はこのワクチンが広く世間に採用されたら、自分と同じ症状の人が現れることを危惧し
   雑誌JAMAに投稿しています。
   決して本ワクチンに対して反対をしているのではなく、十分な説明と接種後の24時間体制での監視
   が必要と説いています。
   その後Choi氏は同僚にこのことを話すと、皆は同様にChoi氏が新型コロナに罹患したのではと思い
   ました。しかし副反応がすべて揃うような事例もあることを、Choi氏は理解してもらいたいと思って
   います。

2) ワクチンの専門家は、Choi氏の副反応は稀なケースで一般的には2〜10%で、多くても15%として
   います。副反応は12〜36時間の持続で軽快すると説明しています。

3) Choi氏は本ワクチンの有用性を十分に認識しており、今後もドキドキしながらも接種を続けると
   述べています。
   雑誌JAMAに掲載されている論文では、本ワクチンの第3相臨床試験の前のデータでは、副反応が
   以下の様に報告されています。
   倦怠感が75%、頭痛67%、悪寒33%、筋肉痛25%、発熱17%、関節痛17%です。
   ほとんどがどれか一つの副反応で、私のような(Choi氏)すべてが揃う副反応は稀だと思うが、
   十分に接種の際にコンセンサスを得ることが大事と締め括っています。





私見)
 本日はノーコメント
 次回パートU





1 medscapeコロナワクチン.pdf

2 JAMAコロナ ワクチン 副作用.pdf









posted by 斎賀一 at 17:54| Comment(1) | 感染症・衛生