2020年11月30日

新型コロナの再感染は少なくとも6か月間は稀

新型コロナの再感染は少なくとも6か月間は稀
 
COVID-19 Reinfection Unlikely for at Least 6 Months



21130.PNG

 

 新型コロナの再感染の報告があると止めどない不安に駆られてしまいますが、最近オックスフォード大学の研究者から、再感染は稀であり少なくとも抗体が形成されていれば6か月間は再感染の危険はないという報告がなされています。

少し安堵しました。
正式にはまだ発表されていないようですがロイター通信からの情報でmedscapeに掲載されていました。


纏めますと

 2020年の4月から11月までの30週間の調査です。
 対象は感染リスクが高く、再感染の可能性もある医療従事者です。
 抗体のない11,052名のうち89名が症状を有する感染者になりましたが、抗体の有する1,246名は
 全員が症状のある感染を発症していませんでした。
 抗体があれば無症状の感染もほとんどありませんが、無症状感染は抗体のない人で76名あり、抗体の
 ある人では3名でした。その3名も無症状のまま経過して完治しています。





私見)
 第3波が懸念されています。本院職員の皆さんの頑張りに感謝します。
 抗体検査を実施し、更なる対応策を検討しましょう。






コロナ 再感染 (2).pdf







posted by 斎賀一 at 20:49| Comment(0) | 感染症・衛生

コロナ禍での他の感染症

コロナ禍での他の感染症
       <短 報



 南半球では今季インフルエンザがほとんど流行しなかったとのことですが、予想通り北半球の日本でも流行の兆しがありません。
新型コロナの影響でマスクの着用が徹底しているからかもしれませんが、例年ではインフルエンザの流行に先駆けて、RS感染症が流行ります。そのRS感染症すらも現在はほとんど発生していません。

 国立感染症研究所からの報告週間では、先週が47週にあたります。
インフルエンザとRS感染症の週別報告を、下記のPDFに掲載します。
今シーズンと前年をグラフで比較すると、歴然としていて驚愕します。  
 (それぞれの47週を比べてください。)
 現時点では、本院においてインフルエンザの迅速診断を積極的には実施しない方針です。
流行期でない場合には、擬陽性がモロに顔を出してしまう懸念があるからです。
何やら不気味な感じがいたします。





1 インフ 47週 グラフ.pdf

2 インフ 47週 報道機関.pdf

3 RSウイルス.pdf










posted by 斎賀一 at 18:17| Comment(0) | 感染症・衛生