2020年11月27日

新型コロナに吸入ステロイド剤は有効か? COPDと喘息の場合

新型コロナに吸入ステロイド剤は有効か?
 COPDと喘息の場合
 
Risk of COVID-19-related death among patients
with chronic obstructive pulmonary disease or
asthma prescribed inhaled corticosteroids
 


21127.PNG
  
        

 新型コロナが世界的に流行し始めた頃に、慢性閉塞性肺疾患(COPD)と喘息の基礎疾患を有する人のリスクが懸念されました。しかし意外にも、それらの人は新型コロナに罹患せず重症化も低率でした。
この事から、両疾患に使用されている吸入ステロイドが炎症を抑制している可能性が推測されました。
現に日本でも、吸入ステロイド剤のオルベスコの購入に規制がかかるほどの注目度でした。

 今回雑誌lancetに、COPDと喘息の患者さんが吸入ステロイドを使用していると、新型コロナでの死亡率が実際に低下しているかを検証したメタ解析の論文が載っていました。



纏めますと

1) 英国を中心として、プライマリーケアの電子記録から統計しています。
   2020年3月1日から5月6日までを集計しています。
   COPD患者に関しては、35歳以上、喫煙の経歴(現在または過去)を有する、吸入ステロイド剤か
   長時間作用型気管支拡張剤(LABA+LAMA)もしくは両方の併用を、インデックス日時(3月1日)
   の4か月以内に使用していることが条件です。
   喘息患者に関しては、18歳以上、インデックス日時の3年以内に喘息の診断を受けている、吸入
   ステロイド剤もしくは短期作用型気管支拡張剤(SABA)を、インデックス日時の4か月以内に使用
   していることが条件です。
   比較した要件は、COPDでは吸入ステロイド剤とLABA+LAMAです。
   喘息では吸入ステロイド剤の容量が低、中等、高の3段階とSABAを比較検討しています。

2) インデックス日時の4か月前に治療されているCOPD 148,557名と、喘息 818,490名が対象です。
   新型コロナ関連の死亡を比較しています。
   COPD患者の吸入ステロイド剤での危険率は、1.39です。
   喘息患者では吸入ステロイド剤の危険率は高用量ステロイドで1.55ですが、低用量及び中用量では
   SABAと比較して危険率はほぼ同じでした。
   ただし注意が必要な点は、絶対的死亡率のリスクは極めて低く、COPDの吸入ステロイド剤では
   0.09%高いだけで、喘息の場合は高用量の吸入ステロイド剤でも0.03%の増加です。




         21127-2.PNG   ←クリックで拡大





3) 考察 
   交絡因子(confounder)を考えなくても、当然ながら吸入ステロイド剤を使用する患者は、COPD
   でも喘息でも重症例が多いので、結果的にはそれだけ新型コロナにおける死亡率は上がると推測
   されます。しかも新型コロナでない場合に、吸入ステロイド剤投与が短期的に死亡率を上げるとは
   考えられないとしています。
   未知の交絡因子が吸入ステロイド剤の有害性に関与しているかもしれませんし、吸入ステロイド剤
   の抗炎症作用が、新型コロナにおいて全く認められないとも断言できません。
   しかし本研究では、以前の研究と比べてCOPDと喘息という2つの要因の疾患を調べていますし、
   以前のスタディより規模も大きいです。しかも交絡因子に対しても統計学的処置を行っています。
   それでも吸入ステロイド剤の方が若干ではあります、が死亡率が上がっている点が示されたとして
   います。
    (以下に考察を私が考察しますと)
   結局はCOPDと喘息患者がステロイド吸入を使用しても新型コロナに対して有効とは断定できない
   し、本研究の結果からは、若干ではあるが傷害性に働いている。
   ただCOPDと喘息患者が従来通り吸入ステロイド剤の使用に変更は必要でない。





私見)
 繰り返しますが本研究から得たものは、「吸入ステロイド剤が新型コロナの炎症を抑えるかもしれない
 からと言って、COPDと喘息患者に積極的に処方してはだめだ。場合により傷害性に働くかもしれない。
 しかし、従来通り使用している患者には継続することが大事だ」
 
 何かを言いたい場合に、決め言葉を避けようとするとこのように「くどく」なります。
 新型コロナの未知に挑むには慎重な対応が必要なようです。







コロナ 吸入ステロイド.pdf











posted by 斎賀一 at 20:09| Comment(0) | 感染症・衛生